「デジタルサイネージに使用する適切な文字サイズがわからない。」
「動いている人でも認識できるような文字サイズを教えて欲しい!」
このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。
デジタルサイネージの文字サイズには、適した大きさがあります。
情報を効果的に伝えるためには、文字サイズの工夫が大切です。
適切な文字サイズを把握して、コンテンツ作成の参考にしたいですよね。
そこで今回は「デジタルサイネージの文字サイズ」について詳しく解説します。

□デジタルサイネージの文字サイズ

*看板に適した文字のサイズとは

看板の文字に適した大きさをご存知でしょうか。
文字の大きさを決めるためには、「視認性」が大切なポイントです。
例えば、看板が店頭にある場合、通行人は近くから内容を把握できます。
一方で、ビルの電光掲示板やテナントの看板では、大きく目立つ文字が好ましいでしょう。
このように、情報を届けたいターゲットを意識して、文字の大きさを決めてください。

*文字サイズは位置関係で決まる?

文字が視認されやすい大きさは、ターゲットとの位置関係によって異なります。

・看板との距離が20メートル離れている場合:和文字が80ミリメートル以上、英文字が60ミリメートル以上

・看板との距離が5メートル離れている場合:和文字が20ミリメートル以上、英文字が15ミリメートル以上

デジタルサイネージの文字サイズでお悩みの方は、この目安を参考にしてみてはいかがでしょうか。

*文字サイズから割り出す認識距離

文字の大きさから認識距離を割り出せる公式が存在します。
「文字の縦のサイズ(センチメートル)×250=認識距離」
例えば、文字のサイズが10センチメートルの場合、25メートル離れた場所まで認識できると言えます。
デジタルサイネージの情報が伝わる範囲を知りたいときに便利ですね。
とはいえ、適切な文字のサイズだからといって、情報量が多すぎると認識するまでに時間がかかります。
そのため、伝えたい内容をまとめた上で、簡潔な文章でコンテンツに表示させましょう。

□まとめ

今回紹介した文字サイズの目安や計算方法を参考にしていただけると幸いです。
当社のデジタルサイネージは、昼間でもはっきりと文字を認識できます。
特に、「RAGAN 」は眼鏡なしで3D映像を体験できるため、インパクトのある集客が可能です。
デジタルサイネージの導入を検討中の方は、お気軽に当社までお問い合わせください。