「デジタルサイネージに興味がある」
「デジタルサイネージにはインタラクティブ型というものがあると聞いたが、どんなものなのだろうか」
このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
最新技術を取り入れて集客効果を高くしたいと考える方は増えていますよね。
今回は、インタラクティブ型のデジタルサイネージについて、その特徴を解説するので、参考にしてください。

□そもそもインタラクティブ型のサイネージとは

インタラクティブ型のサイネージとは、電子看板の一種で、「対話型看板」「双方向型看板」と言われています。
タッチパネル式のもの、センサーを使ってモニターの映像を変化させるものなどがあります。
一般の方でもお手頃に最新技術が導入できるような時代になったからこそ、今サイネージの分野が話題です。
当社でも、リノシリーズ・ラガンといった液晶サイネージをご用意しており、様々なサイズ、さらには屋外用サイネージまでも取り揃えております。
現代らしいニーズに合ったサイネージを提供するので、興味のある方は当社ホームページをご覧ください。

□インタラクティブ型サイネージの特徴

*センサー機能を持つものがある

インタラクティブ型サイネージの中には、内蔵されたセンサーで人を分析して、ユーザーに合った情報を映し出す機能を持つものがあります。
今までの看板は見る人全員が同じ広告内容を見ていましたが、このセンサー機能によって、よりユーザーの興味を引く看板作りが可能になりました。

*裸眼でも3Dに見えるものがある

デジタルサイネージの中には、裸眼で見ても3Dに見える不思議なものがあります。
まるで飛び出てくるような看板に、多くの人が足を止めるでしょう。
当社の「ラガン」は、3D眼鏡なしで飛び出して見えるデジタルサイネージです。

*スマートフォンやSNSと連動するものがある

インタラクティブ型サイネージの中には、設置されているカメラで撮った写真を、その場でSNSに投稿できる機能を持ったサイネージもあります。
若者の集客を考えている方は、導入を検討してみてもいいかもしれません。

□まとめ

今回は、インタラクティブ型のデジタルサイネージについて解説しました。
インタラクティブ型のデジタルサイネージでできることは非常に多いので、今後導入したいと思った方は、ぜひ購入を検討してみてください。
最新技術を使った看板をお探しの方は、当社にご相談ください。
「時代の流れを先取りし、5感を揺さぶるプロダクトを常に。」をコンセプトに、LED商品・サイネージ・ディスプレイ看板・大判出力など様々な商品を取り揃えております。