お店でデジタルサイネージの導入を検討中の方へ!運用のポイントをご紹介!

「店でデジタルサイネージを取り入れたいけど、運用方法がいまいちよく分からない。」
「デジタルサイネージの運用のポイントについて詳しく知りたい!」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
お店の売り上げ向上のために新しくデジタルサイネージを使ってみようと思っても、初めての試みとなると少し心配にもなるものです。
そこで今回は、デジタルサイネージの運用のポイントについてご紹介します。

□デジタルサイネージの運用のポイントとは?

デジタルサイネージは、システム導入後すぐに効果が現れるものではありません。
店舗ごとに、顧客のニーズに合わせた内容のものを配信するため、改善サイクルを回す必要があります。
以下で詳しく見ていきましょう!

*対象商品の決定とコンテンツ作成

通常店舗では、1年間の販促計画をもとに、重点的に売り上げを上げたいものをチラシや店頭のPOPに落とし込みますよね。
そこで、デジタルサイネージも販促計画と連動させることで、より効果的に運用できます。
最近では「コト」訴求の重要性が高まっています。
キャンペーン情報等を単純に流すのではなく、地域や季節の出来事に合わせた情報を訴求するのが効果的です。
また、顧客に伝わりやすいコンテンツを継続して作成するのが重要です。
「一瞬」で伝わるメッセージを添えたコンテンツ作成を意識しましょう!

*顧客のニーズにあった配信を

デジタルサイネージは、同じコンテンツを放映し続けるだけでは、ただのポスターの電子化となってしまいます。
時間帯や季節、その日の天気等、あらゆる状況に合わせて素早くコンテンツを変えると良いでしょう。

*効果の検証はしっかりと!

デジタルサイネージの効果は、視聴率を意識したディスプレイの設置と、消費行動を促すコンテンツのメッセージ力に依存します。
そこで、まずは顧客がどれだけディスプレイを見ているのかを測定するのが大切です。
また、ABテストを採用し、同じような店舗でメッセージを一部変更したものを使用すると、コンテンツの内容による売り上げの変化を確認できます。
これは店舗ごとの顧客の特徴も把握できるのでおすすめです。

□まとめ

今回は、デジタルサイネージの運用のポイントについてご説明しました。
是非皆さんも、本記事で取り上げたことをもとに検証し、その結果から各要素を改善する施策を繰り返し行って、デジタルサイネージを上手くご活用ください!
当店では、様々なサイズのデジタルサイネージを多数取り扱っており、屋外用のアイテムもあります。
立体映像体験ができる3Dの液晶サイネージや、好奇心をくすぐる消毒サイネージ等、現代のニーズに沿ったデジタルサイネージをお届けします。
デジタルサイネージについて疑問点やご質問がある方は、お気軽に当社までご相談ください!

デジタルサイネージ