デジタルサイネージのメリットとデメリットをご紹介

「最近デジタルサイネージという言葉をよく聞くが、一体何のことなのだろう」
「デジタルサイネージのメリットとデメリットを知りたい」

このようにお考えの方がいらっしゃるのではないしょうか。
まだあまり街中に普及していないデジタルサイネージには、イメージがつきにくいのも無理はないです。
デジタルサイネージは、日本語だと「電子看板」「電子広告」とも呼ばれます。
つまり、紙のポスターなどの代わりに、画像や動画を使用したディスプレイのことです。
今回は、そんなデジタルサイネージのメリットとデメリットを解説するので、参考にしてみてください。

□デジタルサイネージのメリット

*ユーザーの目に留まりやすい

街中にある看板の多くは、未だアナログ式の動きのない看板がほとんどです。
そんな中でデジタルサイネージを導入すれば、お客さんもいったん立ち止まって興味を持ってくれる可能性も高まります。
また、音を流せるデジタルサイネージを導入すれば、無人でも音による宣伝が可能になります。
ただし、このようなものを使う場合は、街の条例等をしっかりと確認しておきましょう。
当社でも、「ラガン」といった3D眼鏡をかけなくても飛び出して見える、非常にキャッチーなサイネージをご用意しておりますので、ご検討ください。

*ユーザーによって情報を変えられる

デジタルサイネージの最大のメリットは、なんと言っても広告内容を簡単に変えられることでしょう。
時間帯、季節によってお客さんの求めるものは変わるため、いつでも広告内容を変えられるデジタルサイネージを有効活用すれば、高い集客効果が見込めます。

□デジタルサイネージのデメリット

*初期費用とランニングコストがかかる

デジタルサイネージは電子機器のため、初期費用とランニングコストがかかってしまいます。
長期的なお店の利益と初期投資・ランニングコストを比較して、どのように導入するのがよいかしっかりと考えることが大切です。

*壊れてしまうことがある

屋内用のサイネージを屋外に置いたり、歩行者とぶつかりやすいところにサイネージを置いたりすると、壊れてしまうことがあります。
デジタルサイネージの修理にはそれなりの費用がかかるため、置き場所には注意しましょう。

□まとめ

今回は、デジタルサイネージのメリットとデメリットを解説しました。
知らなかったデジタルサイネージの一面を知って、店舗や施設などに導入したいと思った方は、ぜひ購入を検討してみてください。
最新技術を使った看板をお探しの方は、当社にご相談ください。
「時代の流れを先取りし、5感を揺さぶるプロダクトを常に。」をコンセプトに、LED商品・サイネージ・ディスプレイ看板・大判出力など様々な商品を取り揃えております。

デジタルサイネージ