デジタルサイネージを検討中の方必見!大きさの選び方を紹介します!

「デジタルサイネージの大きさってどうやって決めるのが良いの?」
「デジタルサイネージの大きさの選び方について詳しく知りたい!」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
デジタルサイネージは、今やディスプレイの定番アイテムとして知られていますが、大きさ選びに迷う方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、デジタルサイネージの大きさの選び方についてご紹介します。

□デジタルサイネージの正しい大きさの選び方とは?

*ターゲットとの距離に注目

デジタルサイネージを上手く活用するには、情報をどの範囲まで届けるのかを考慮するのが大切です。
これには、文字サイズの視認性が密接に関わってきます。
デジタルサイネージの役割を考えると、一般的に顧客とディスプレイの距離感は、4~5メートル以下が適切だと考えられます。
また、視距離から判読できる文字のサイズは、4~5メートルの場合、和文文字高だと20ミリ以上、英文文字高だと15ミリ以上です。
このように、伝えたい情報量と文字の大きさを考慮して、適切なサイズのものを選んでみてください!

*街で見かけるサイズを参考に

街や駅で見るデジタルサイネージの大きさは、一般的に50インチ以上のものが多いです。
これは、多くの人が急いで歩いていることを考慮し、遠くからでも目に入るように設定されているからです。
一方で、個人経営の店舗などが店先で使用するデジタルサイネージの大きさは、40~50インチであることが多いです。
通行人をターゲットとしているので、少し大きめのサイズを使用します。
しかし、店舗内のPOP等に使用する場合は、10~20インチのものがよく使われます。
少し小さく感じるかもしれませんが、この場合はターゲットが動くことを想定していないため、この大きさでも問題ありません。
当店では、様々なサイズのデジタルサイネージを取り扱っているため、上記のような用途別に、こだわりの大きさをお選びいただけます。
まずは、どんな顧客をターゲットにしたいのかをしっかりと考え、それに合ったデジタルサイネージを選んでみてはいかがでしょうか?

□まとめ

今回は、デジタルサイネージの大きさの選び方についてご説明しました。
本内容を参考に、ぜひ皆さんもデジタルサイネージを選んでみてください!
当店では、「奇をてらわず、落ち着きながらもしっかりと個性を主張する。」を商品開発のコンセプトに、多様なデジタルサイネージを取り扱っております。
立体映像体験ができる3Dの液晶サイネージや、好奇心をくすぐる消毒サイネージ等、現代のニーズに沿ったデジタルサイネージをお届けします。
デジタルサイネージについて、疑問点やご質問がある際は、お気軽に当社までご相談ください!

デジタルサイネージ