デジタルサイネージを検討中の方へ!輝度とは何か徹底解説!

「輝度がデジタルサイネージ選びの基準になるって聞いたけど、いまいちよく分からない。」
「輝度を考慮したデジタルサイネージの選び方について詳しく知りたい!」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
いざデジタルサイネージを店で導入するとなると、どんなことに気をつけて選ぶべきか分からず、選び方に迷う方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、デジタルサイネージの輝度とは何か説明し、輝度を考慮した選び方についてご紹介します。

□そもそも輝度って何?

輝度とは、光源の明るさのことで、ディスプレイ等のスクリーンの明るさの度合いを指します。
現在、デジタルサイネージは、屋内、屋外共に使用する場が増えています。
使用する場所によって、周囲の明るさも異なるため、輝度を考慮したデジタルサイネージ選びが重要です。
間違ったディスプレイ選びをしてしまうと、コンテンツの内容が見えにくくなるため伝わらず、デジタルサイネージの効果が薄くなるため注意しましょう!

□輝度の選び方とは?

一般的に、デジタルサイネージを屋内に設置する場合は、輝度が400cd/m2(カンデラ/平方メートル)以上あれば十分だと言われています。
ちなみに、家庭用のテレビの輝度は350~500cd/m2です。
これを大幅に上回った輝度のデジタルサイネージを屋内に置いてしまうと、目がチカチカしてしまい逆効果なので注意が必要です。
一方で、デジタルサイネージを屋外や、強い日差しが差し込む場所に設置したい場合は700cd/m2以上の輝度のものがおすすめです。
輝度がこれより低いと、日光の明るさに負けて視認性が悪くなってしまいます。
場所によって適切な輝度は異なるので、まずは業者に相談しましょう。
当社で扱うデジタルサイネージの1つである、リノシリーズの中には、屋外用のアイテムもあります。
日光により、周囲がかなり明るくなる場所にデジタルサイネージを設置したい方には特におすすめです。

□まとめ

今回は、デジタルサイネージの輝度とは何か説明し、輝度を考慮した選び方についてご紹介しました。
本内容を参考に、ぜひ皆さんもデジタルサイネージを選んでみてください!
当店では、「奇をてらわず、落ち着きながらもしっかりと個性を主張する。」を商品開発のコンセプトに、多様なデジタルサイネージを取り扱っております。
立体映像体験ができる3Dの液晶サイネージや、好奇心をくすぐる消毒サイネージ等、現代のニーズに沿ったデジタルサイネージをお届けします。
デジタルサイネージについて、疑問点やご質問がある際は、お気軽に当社までご相談ください!

デジタルサイネージ