導入するなら知っておきたい!デジタルサイネージの運用事例

「店にデジタルサイネージを導入したいが、どのようにして使われているのだろう?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
華やかな演出や情報配信など、様々な用途に使われるデジタルサイネージですが、いざ導入するとなると、どのように使えばよいのかが分からないという方は多いでしょう。
そこで今回は、そのような方のために、デジタルサイネージの運用事例を紹介します。

□デジタルサイネージの運用事例

*パチンコ店

パチンコ店でのデジタルサイネージの運用が進んでいます。
パチンコ店では、風営法により、高さ1000mm以上、1700mm以下の場所への床置き広告物の設置ができません。
しかし、1700mm以上の場所に大型モニターを壁掛けすることで、華やかな演出が可能になります。
また、1000mm以下の小さなスタンドタイプのデジタルサイネージを設置することで、自店の強みをアピールできますよ。

*学校・研究機関

学校の食堂やロビーでデジタルサイネージを運用することで、校内情報や就職情報を発信できます。
そうすることで、地元就職や留学の促進効果を得られるでしょう。
また、大型モニターを講義室に設置すれば、オンライン授業を実施できます。

*工場・倉庫

工場や倉庫にデジタルサイネージを導入することで、工場内や他の工場の情報をリアルタイムで取得できるため、生産性の向上を図れます。
高輝度のディスプレイならば、暗い室内でも映像を鮮明に表示できるので、監視ミスを防げるでしょう。

*交通機関

電車の駅や空港の連絡通路の中にデジタルサイネージを並べて設置する事例もあります。
連絡通路は、視認性を確保しやすく、人が行き交うので、広告に最適な場所です。
連絡通路の天井からディスプレイを吊り下げることで、通行人の邪魔をすることなく高い宣伝効果が得られます。

 

□おすすめの商品

当社では、デジタルサイネージの商品として、当社の「RAGAN -ラガン-」シリーズをおすすめしております。
当シリーズの商品は、眼鏡をかけなくても3D映像を見られます。
上の例の場合、パチンコ店に設置すればお客様の目を奪えます。
また、学校の中なら、学内外のイベントの案内に大きなインパクトを持たせることで、学生や教職員への強い宣伝効果が期待できます。

 

□まとめ

今回は、デジタルサイネージの運用事例を紹介しました。
デジタルサイネージは使い方次第で大きな演出効果や情報配信効果を得られます。
そのような効果を得るためにも、デジタルサイネージの運用事例を学ぶことは非常に大切なことです。
デジタルサイネージの運用を考えている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

デジタルサイネージ