デジタルサイネージを広告媒体として活用するときの魅力って?

「デジタルサイネージを宣伝や広告として活用することを検討しているが、デジタルサイネージを取り入れたところでしっかりと広告効果があるのか心配」
「看板やポスターなどの従来の主流であった広告媒体と比較して、デジタルサイネージを使う方が広告媒体としての魅力が多いのかについて詳しく知りたい」
このようにお悩みの方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

現在、デジタルサイネージの導入は、様々な場において宣伝や広告効果を飛躍的に高められているため、非常に期待されていると言われています。
しかし、デジタルサイネージだけがもつ魅力についても具体的に知っておかないと、比較的高額コストがかかるデジタルサイネージの導入は決断できないですよね。
そこで今回は、知っておきたい「デジタルサイネージを広告媒体として活用するときの魅力」について詳しくご紹介します。

□デジタルサイネージって何?

そもそも、「デジタルサイネージ」についてはご存知ですか?
デジタルサイネージとは、一般的に、あらゆる場所で頻繁に見かける「電子看板」のことを指します。
このデジタルサイネージは、動画を液晶パネル上で流せるので、従来の広告媒体とは大きく異なります。
そして、このデジタルサイネージには従来の広告媒体にはなかった魅力がたくさんあります。

 

□デジタルサイネージを広告媒体として活用するときの魅力って?

*テレビCMを流用できる!

電車に乗っているときに、電子看板上にテレビで見たこのあるCMが映っていることは多いのではないでしょうか?
看板やポスターなどのこれまでの広告媒体だと、映像を含めませんでした。
しかし、デジタルサイネージには映像を流せる特徴があります。
電車に乗っていて、映像が流れていると自然と目がいってしまいますよね。
この時点で宣伝効果に関して言うと、デジタルサイネージは、静止画しか取扱えなかった従来の広告媒体と大きな差をつけているのです。

*データ送稿によって制作コストを抑えられる!

従来の広告媒体では、ポスターにおいては紙が必要だったように、「資材」が制作する度に必要でした。
そして、その資材にはもちろんコストがかかっていました。
しかし、デジタルサイネージのように、データで管理するだけでいいものは、ディスプレイさえあれば他に用意するものは特にありません。
そのため、全体の制作コストを考えたときに、従来の広告媒体を使うよりもコスト削減ができるのです。

 

□まとめ

以上、「デジタルサイネージを広告媒体として活用するときの魅力」について詳しくご紹介しました。
特に、デジタルサイネージの特徴的な魅力について知識を深めたい方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?
また、当社にはデジタルサイネージ運用全般に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か分からないことや疑問に思われることがあれば、近隣にお住いの方はぜひお気軽に当社にご相談ください。
みなさまの当社のご利用、心よりお待ちしております。

デジタルサイネージ