デジタルサイネージのディスプレイのおすすめのサイズについて解説します

「デジタルサイネージのディスプレイはどのくらいのサイズがいいのだろう?」
「どこで使うかによってもサイズを変えた方がいいだろうし、詳しい情報を知りたい。」
このように、デジタルサイネージのディスプレイのサイズについて迷っている方はいらっしゃいませんか?
どのくらいのサイズのディスプレイを使えばいいのかわからないと選ぶときに困りますよね。
そこで今回は「デジタルサイネージのディスプレイのサイズ」についてご紹介します。

□デジタルサイネージのサイズについて解説します

街中を歩いていると、駅構内やショーウィンドウなどの様々な場所でデジタルサイネージを見かけることが多いと思います。
では、具体的にデジタルサイネージにはどのくらいのサイズのものがあるのでしょうか?
街中でよく見かけるサイズは大きく5つに分けられます。

・32インチ
・42インチ
・46インチ
・55インチ
・75インチ

場面別にどのサイズがおすすめなのかを見ていきましょう。

*個人経営の店舗におすすめのサイズ

個人経営の店舗では、大きすぎるサイズのものは必要ないので、32インチ〜46インチ程度のディスプレイが使われていることが多いです。
屋外に設置している店舗もありますが、屋内に設置するのもおすすめです。

*多くのお客様に見てもらいたい場合におすすめのサイズ

駅構内でよく使われている大きなサイズのディスプレイは55インチ〜75インチ程度のものです。
大きいほど、より多くの方に見てもらえるので、集客効果が見込めます。
たくさんの方に情報を届けたいのであれば、大きなサイズのディスプレイを使うのがおすすめです。

 

□おすすめのデジタルサイネージ「RAGAN」について

最近、デジタルサイネージが増えてきているので、他のディスプレイとの差別化が必要になってきました。
そこでおすすめしたいのが、「RAGAN」です。
裸眼でも3Dに見えるような加工がされていて、まるで映像が飛び出てくるような体験ができます。
お客様の目にとまりやすく、集客効果がしっかりと見込めるでしょう。
屋外でデジタルサイネージを使う場合は、「RAGAN」がおすすめですよ。

 

□まとめ

今回は「デジタルサイネージのディスプレイのサイズ」についてご紹介しました。
様々なディスプレイのサイズがある中で、用途に合わせて考えて使用してみてくださいね。
この記事を参考に、自分に合ったデジタルサイネージを活用してみてください。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

デジタルサイネージ