デジタルサイネージの見せ方にはポイントがあるの?ポイントについて解説します

「デジタルサイネージを導入したいけど、見せ方のコツとかはあるのかな?」
「見せ方にポイントがあるのなら、知りたい。」
このように、デジタルサイネージを導入する際に見せ方に戸惑っている方はいらっしゃいませんか?
見せ方のポイントを知らないと、デジタルサイネージをうまく集客に活かせないかもしれません。
そこで今回は「デジタルサイネージの見せ方のポイント」についてご紹介します。

□デジタルサイネージの見せ方のポイント4選

実は、デジタルサイネージには取り付け方法が4つあります。
それぞれの方法を元に、どのような見せ方にすればいいのかを解説していきます。

*箱のような形状に収める「筐体型」

筐体とは、機能を持っている機械や電子機器を箱のような形状に収めた物のことです。
例えば、タッチパネル式のディスプレイなどにすると良いでしょう。
情報をそのまま表示するだけの広告として使うのではなく、お客様が自分でも情報を探せるようなインタラクティブな広告として使うのがおすすめです。

デメリットとしては、オーダーメイドで作る場合には費用がかなりかかってしまう点があげられます。
また、屋外に設置するのであれば、防水機能が必要ですし、電源やネットワーク回線が繋がるかどうかも考慮した上で設置しましょう。

*好きな場所に立てられる「スタンド型」

スタンド型は、最も人気の高いデジタルサイネージの取り付け方です。
設置場所を自由に変えられるので、柔軟に使えます。
また、工事が不要で、導入する際に費用があまりかからない点も魅力の一つでしょう。
スタンド型は、屋外や店舗の外に置くとより集客が見込めるでしょう。
当社では、様々な種類のデジタルサイネージを取り扱っておりますので、用途に合わせて選んでみてくださいね。

*薄いスクリーンを利用した「壁掛け型」

壁掛け型は、場所を取らずに設置できるので、空間をしっかりと有効活用できます。
スタイリッシュなイメージを与えられるので、アミューズメント施設に使われることが多いです。
大型なのでたくさんの人に情報を届けられる点でもおすすめです。
また、たくさんの人の目を引けるような華やかな映像を流すと良いでしょう。

*効果的に情報を届けられる「天吊り型」

天吊り型は天井から吊り下げて様々な情報を届けるタイプです。
遠くからでも見えるので、たくさんの人に必要な情報を届けられます。
レストランであればメニューを表示する、空港の場合はフライト情報を表示するなどの最新情報を載せるのがおすすめです。

 

□お客様の目を引きやすい3Dディスプレイがおすすめ!

新しい技術を使って肉眼でも3Dに見えるように作られているディスプレイがあります。
それが「RAGAN」です。
まるで映像が飛び出てくるような体験ができるので、歩いている人の目にとまりやすいでしょう。
集客効果が見込めるので、ぜひ導入してみてくださいね。

 

□まとめ

今回は「デジタルサイネージの見せ方のポイント」についてご紹介しました。
デジタルサイネージの型によって見せ方を変える必要があるので、しっかりとポイントを押さえておきましょう。
この記事を参考に、ぜひデジタルサイネージを導入してみてくださいね。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡ください。

デジタルサイネージ