デジタルサイネージの運用方法とは?効果的な導入方法と合わせてご紹介!

「デジタルサイネージを使った宣伝を行いたい!」
「導入してからどうやって運用すればいいのか教えてほしい。」

最近、デジタルサイネージを使った広告が増えてきたと感じている方は多いのではないでしょうか。
しかし、自分も使いたいと思っても導入後の運用の仕方が分からず、なかなか導入に踏み切れない方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、デジタルサイネージの運用方法を分かりやすくご説明いたします。

 

□効果的に使う方法とは?

まずは、どのようなものを導入するかを決める必要があります。
そこで、効果的な宣伝効果を生むデジタルサイネージをご紹介いたします。

*大画面パネルで注目を集める

新しい機材を導入しても、お客様にそれが伝わらず、使ってくれなければ意味がないですよね。
大画面パネルを設置することで、お客様の注目を集められます。
小さいパネルではお客様に気が付いてもらえないことがあるため、大きなパネルの方が効果はあるでしょう。
また、紙媒体のポスターよりも映像が変わるため、効果があり、目を引くことに繋がります。
さらに、紙媒体よりもより多くの情報が伝わるので、情報を厳選せずに済むでしょう。

*派手さを意識した演出

装飾を行った方が、よりお客様の目を引けるでしょう。
デジタルサイネージのパネルに取り付けられる付属品の販売を当社では行っています。
例えば新台を導入した際は、矢印で誘導すると効果的ですよね。
広告用のパネルと誘導用の付属パネルを組み合わせて、お客様への宣伝効果を上げましょう。

 

□しっかりした運用計画を!

*効果の検証を忘れずに!

デジタルサイネージを使っても、すぐに大きな効果が得られるわけではありません。
どのようなコンテンツを、どれくらいの期間流し、どの位置に置いたのかを把握しましょう。
そして、売り上げがどう変わったかと照らし合わせます。
そうすることにより、一番効果的なコンテンツ・期間・設置位置が明確になります。

*流す広告は定期的に変更しよう!

新台を導入すれば、その度にきちんと宣伝内容も変えましょう。
同じ広告ではお客様も飽きてしまい、目を向けなくなってしまいます。
そうならないためにも、定期的に宣伝内容の更新を行うことが大切です。

 

□まとめ

今回は、デジタルサイネージの導入や運用についてご紹介いたしました。
効果的な宣伝方法のイメージは湧いたでしょうか。
ぜひこの記事を参考に、導入を試みてくださいね。
また当社では、デジタルサイネージの看板を製造・販売しております。
当社のスタッフがお客様に最適な商品をご提案いたします。
ぜひ、当社までお問い合わせください。

デジタルサイネージ