失敗しない!!デジタルサイネージの導入のポイントとは!?

「デジタルサイネージ」と呼ばれる言葉を、最近よく耳にするようになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「デジタルサイネージ」とは、液晶画面に画像や映像を映して宣伝する広告物です。
「導入したいけど、失敗したらどうしよう…」
「導入する際のポイントを教えて欲しい!」
デジタルサイネージについて、このようなお悩みや疑問をお持ちの方も多くいらっしゃいます。
確かに、せっかく導入するのであれば失敗したくないですよね?
今回は、デジタルサイネージの導入をお考えの方に向けて、デジタルサイネージの導入で失敗しないためのポイントについてお話しいたします。

□導入で失敗しないためのポイント

実は、デジタルサイネージを導入して、「失敗したかも…」と後悔する方もいらっしゃいます。
しかし、その失敗は導入する際に押さえておくべきであったポイントを押さえていなかったことに起因する場合も多くあります。
したがって、導入して後悔しないためにも、これからご紹介する導入時のポイントをしっかりと押さえることをおすすめします。

*ポイント1:導入する目的をクリアにする

デジタルサイネージを導入しようと思った「理由」は何でしょうか?
実は、この「理由」をもとに「目的」を明確にするプロセスは非常に重要です。
例えば、売り上げ増加を目的としているが、十分な来客数が得られていないのが現状であれば、どうすれば来客数が増加するのかを考慮する必要があります。
従来のポスターやのぼり旗の視認性が低いことが原因であれば、視認性の高いデジタルサイネージを導入するのも一つの方法です。
このように、「理由」を掘り下げて「目的」を考えてみてはいかがでしょうか。

*ポイント2:設置する「場所」と「規格」を十分に検討する

デジタルサイネージを導入する際、意外と見落としてしまうポイントがあります。
それは、設置する「場所」と「規格」です。

・設置する「場所」

「とりあえず店舗前に設置すれば良いかな」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、設置した場所次第では、通行人が注目しない場合があるのです。
したがって、設置する場所を決める際には、通行人の「動線」に注目してみてはいかがでしょうか。

・設置する「規格」

設置するデジタルサイネージの「規格」も考慮する必要があります。
目的や対象に応じたディスプレイの種類(LEDや液晶)や画面のサイズを選ぶことで、初めてデジタルサイネージの効果を発揮します。

*ポイント3:ランニングコストを考慮する

デジタルサイネージには、電気代や修理代などのランニングコストがかかります。
デジタルサイネージを屋外に設置する場合、直射日光や雨風に曝されるため、屋内に設置するよりも劣化しやすくなってしまうのです。
また、屋内・屋外共に電気代がかかるので、継続的な費用の発生に留意する必要があります。

□まとめ

今回は、デジタルサイネージの導入で失敗しないためのポイントについてお伝えいたしました。
デジタルサイネージの導入で失敗しないためには、目的を明確にした上で設置する場所・規格を選択することが大切です。
また、継続的な費用発生についても考慮する必要があります。
以上のポイントをしっかり押さえた上で、導入を検討してみてくださいね。
当社は、デジタルサイネージ用のディスプレイを始め、LED商品やディスプレイ看板の注文を承っています。
これらを用いた宣伝・広告をお考えの方は、ぜひ当社をご利用ください。

デジタルサイネージ