導入前に役立つ!デジタルサイネージの基礎知識と活用方法をご紹介!

「デジタルサイネージ」と呼ばれる言葉を、最近よく耳にするようになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「デジタルサイネージ」とは、液晶画面に画像や映像を映して宣伝する広告物です。
「デジタルサイネージの活用方法がわからない…」
「デジタルサイネージの基礎的なことを知りたい!」
デジタルサイネージについて、このようなお悩みや疑問をお持ちの方も多くいらっしゃいます。
確かに、使い方を知らなかったり、知識が不足していたりすれば導入を決断できませんよね?
今回は、デジタルサイネージの導入をお考えの方に向けて、デジタルサイネージの基礎知識と活用方法についてお話しいたします。

□デジタルサイネージの基礎知識

「デジタルサイネージ」とは、液晶パネルやLEDディスプレイに映像や動画を映した「看板」のことです。
その特徴から、「電子看板」、「電子広告」とも呼ばれます。
壁や柱にモニターを設置したり、ディスプレイ単体を街頭に設置したりできるので、駅や役所、病院などで導入が進んでいます。
従来の「看板」や「のぼり旗」と比較して、デジタルサイネージは、コンテンツに多くの情報を盛り込めたり、視認性が高かったりするので、用途次第でかなりの効果を発揮します。

 

□デジタルサイネージの活用方法

デジタルサイネージには、多くの活用方法があります。
この記事では、主要な3つの活用方法についてご紹介します。

*その1:販売促進

以前は、ポスターやのぼり旗を宣伝・広告の媒体としていました。
しかし、最近ではデジタルサイネージを飲食店や小売店の店舗前で多く見かけるようになりました。
こちらの理由としては、デジタルサイネージは動画コンテンツも表示できるため、商品の紹介に具体性やリアリティを持たせられるからです。
従来の宣伝・広告の媒体にできなかったことを可能にしたのがデジタルサイネージです。

*その2:情報配信

デジタルサイネージの特徴の1つとして、リアルタイムな情報を表示できることが挙げられます。
例えば、駅の場合、列車の遅延情報や天気予報、タイムリーなニュースなどの配信が行われています。

*その3:空間のデザイン

キャラクターをテーマにした遊園地でも、デジタルサイネージが使われています。
アトラクションの待ち時間に建物内で、テーマのキャラクターの映像を見た経験がある方もいらっしゃると思います。
このように、映像を使って空間を演出する活用例もあります。

□まとめ

今回は、デジタルサイネージの基礎知識と活用方法についてお伝えいたしました。
デジタルサイネージの基礎知識と活用方法を知ることで、導入を検討しやすくなります。
当社は、デジタルサイネージ用のディスプレイを始め、LED商品やディスプレイ看板の注文を承っています。
これらを用いた宣伝・広告をお考えの方は、ぜひ当社をご利用ください。

デジタルサイネージ