映像で得られる効果は!?動画を用いたサイネージについてご紹介!!

「サイネージ」と呼ばれる言葉を、最近よく耳にするようになった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
「サイネージ」とは、液晶画面に画像や映像を映して宣伝する広告物です。
「動画を用いたサイネージに効果はあるのかなぁ…」
「動画を用いるメリットって何?」
サイネージについて、このようなお悩みや疑問をお持ちの方も多くいらっしゃいます。
確かに、動画を使った広告はあまり馴染みがないので不安ですよね?
今回は、サイネージの導入をお考えの方に向けて、動画を用いたサイネージの特徴とメリットについて詳しくお話しいたします。

□動画を用いたサイネージの特徴

動画を用いたサイネージは、どこで見られるのかご存知でしょうか?
実は、公共の場を見渡してみると、あらゆる箇所に備え付けられているのです。
例えば、駅構内では、壁面だけでなく、柱や自販機にもサイネージが施されています。
壁面や柱にサイネージを施すことで、列車の遅延や到着時刻を確認できたり、企業や商品を宣伝できたりします。
また、自販機に搭載されたサイネージは、お客さんへおすすめする商品を表示しています。
このように、サイネージに動画を用いると、宣伝・広告に対する歩行者の視認性を向上させて、意識を誘導できるのです。

 

□動画を用いたサイネージのメリット

サイネージに動画を用いることには、当然メリットがあります。
この項目では、代表的な2つのメリットについてご紹介します。

*その1:リアルタイムな情報を提供できる

前項でも紹介した駅構内の柱に設置されたサイネージでは、天気予報や遅延情報などのリアルタイムな情報を提供するニュース動画を放映しているケースがあります。
このように、制作元から送信された動画情報を受信することで、リアルタイムな情報を提供できるのです。

*その2:具体性のある情報を提供できる

従来の看板やのぼり旗の場合、静止画であるために表現された情報以上の情報を提供するのは困難です。
一方で、動画を用いたサイネージで商品紹介(または新規台の紹介)を行う場合、具体的な機能や具体的な使用方法について紹介できます。
具体性のある情報を提供することで、サイネージを見た人がイメージしやすくなります。

 

□まとめ

今回は、動画を用いたサイネージの特徴とメリットについてお伝えいたしました。
使い方次第で、動画を用いたサイネージは、従来の宣伝・広告に用いられてきた看板やのぼり旗よりも、その効果を発揮します。
当社は、サイネージ用のディスプレイを始め、LED商品やディスプレイ看板の注文を承っています。
これらを用いた宣伝・広告をお考えの方は、ぜひ当社をご利用ください。

デジタルサイネージ