路面店の看板の効果的な掲示方法とは

路面店で看板を効果的に掲示するにはどうしたら良いのでしょうか。
街の風景の一部にならないように看板を設置するコツや注意点をお伝えします。

人目につくからこそアピールが重要

路面店は、2階以上にあるお店や地下にあるお店と比べると、集客力に優れています。
ただし、いくら立地に恵まれているとはいえアピールを怠っていると、路面店であってもいつしか街の風景に埋もれて行きます。

風化を避けるためにも店先の看板やメッセージをこまめに変え、常に変化している印象を与えましょう。
店先が常に人目につく路面店だからこそ、お店の存在をアピールする看板の設置は欠かせません。

誰に対して見えやすくするか

看板にとって重要なのは、お客様が看板の存在を認識できることです。
効果的なアピールができる看板を設置するのであれば、実際にお客様の立場になって確認することが大切です。

例えば、通りがかりに目立つ看板を置くと一口にいっても、人通りが多いのか車が多いのかで見やすさは変わってきます。
人であれば20メートルくらい、車であれば100メートルくらい離れたところから見えるのが理想的です。

ぱっと見て何のお店か判る明確さや、お店の雰囲気にあったデザインにするのも、お客様が安心感を覚えるために大切な要素です。
さらに、夜遅くまで営業するお店であれば、看板に電飾や照明は欠かせません。

看板を設置する場所に注意する

東京都では「東京都屋外広告物条例」があるように、自治体ごとに看板や広告に対する規制があります。
目立たせたいからと、自由に看板を設置して良いわけではありません。
例えば、お店の敷地内にスタンド看板を設置するのは良いのですが、道路に設置することは条例で禁止されています。

他にも様々な決まりがあるので、必ず自治体のホームページで詳細を確認するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
お客様がお店の場所を知るには看板の設置が欠かせません。
看板の設置場所や方法、デザインも、商品やサービスと同じくらいお客様のためを考えましょう。

アイボードプラス