ポスターで集客力を高めたい方必見!効果的な貼り方をご紹介

「ポスターを使って集客数をアップさせたい!」
「でも、ポスターの効果的な貼り方や注意点がわからない…」
イベントやセールのためにポスターを利用しようとお考えの方々、このようにお悩みでしょうか?
ポスターは効果的に使えば集客力アップに大きくつながります。
今回は、ポスターの効果的な貼り方について解説します!

□人の目に止まるポスターの貼り方

*人の集まるところに貼る

どんな人がどのような場所に集まるのかを知った上で、適切な場所にポスターを貼ることが肝心です。
例えば、できるだけ多くの人に見てもらいたいものは駅に貼るのが良いでしょう。
駅に貼れば、不特定多数の人に知ってもらえるというメリットがあります。
カフェやファミレスの中に許可をとって貼らせてもらうのも有効な手段です。
そのような店舗は、来店する層がわかりやすいのでターゲットを絞った宣伝に効果的です。

*出入り口に貼る

店舗の出入り口付近は人が足を止めやすい場所ですので、そこにポスターがあるとより効果が高まります。
このような細かい位置設定が集客力アップのポイントになるので注意しましょう。
また、さらに細かいテクニックとして、人の目線の少し上か下に貼るというものがあります。
人の目線上に貼ってしまうと主張が強すぎて避けられる傾向にあるからです。

*複数枚貼る

どれだけ良いポスターでも枚数が一枚だとやはり効果が期待できません。
必ず複数枚を様々な場所に貼っておきましょう。
また、同じ場所に複数枚を連続して貼ることで、記憶に残る宣伝をすることも可能です。

 

□きれいにポスターを貼るポイント

*テープを使う

テープを使用する場合はテープの種類にも気を遣いましょう。
セロハンテープは粘着力が弱く剥がれやすくなってしまい、養生テープなどは逆に粘着力の強すぎて剥がすときに壁を傷めてしまったりします。
ポスターをテープで貼る場合は、専用のマスキングテープを使うのがおすすめです。

*額縁やパネルを使う

大切なポスターを長期間きれいに保つために、額縁やパネルを使用する方法があります。
自店舗の前にポスターを掲載したい場合や、インテリアとしてポスターを飾りたい場合によく使用されます。
ポスターパネルを使用すれば、省スペースでポスターの掲示ができます。
イベントの案内やメニューなど、実用的な掲示物の他、アート作品や写真などを飾ることで、店舗装飾としての役割も担えるでしょう。
当社では、4辺開閉式タイプの「グリップパネル」、化粧ビスで固定をするスッキリとした「アイボード」など、お店の雰囲気を生かすアイテムをご用意しております。
ただしコスト面を考えると、大量に印刷して宣伝するといった目的には適切ではないでしょう。

 

□まとめ

集客力を上げるためのポスターの貼り方について、お分りいただけたでしょうか?
デザイン性だけでなく、枚数を多くしたり人の目に止まるような工夫をしたりすることが大切です。
ポスターを上手に駆使して、より多くの人を集めましょう!

ポスターパネル