オフィス移転で気を付けるべきはデザイン|詳しくご説明します

「オフィス移転を行う」
「どのようにすれば好印象を与えるオフィスにできるだろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?

オフィスはどのように机や棚を配置するかによってがらりと印象が変わってきます。

では、どのようにすればオフィスを訪れたお客様に良い印象を与えることができるのでしょうか。
この記事では新しくオフィスを移転する方に向けて、どのようなデザインのオフィスにすれば良いかをご紹介します。

 

□オフィスデザインの事例や失敗しないコツ

現在オフィスの移転を考えている人はネットを利用し、オフィスデザインについてじっくり調べてみましょう。

ネットには様々な見やすいデザインが掲載されています。

*オフィスのデザインで失敗を防ぐには

オフィスデザインで失敗を防ぐには、スペースに気をつけましょう。
見栄えを良くするために机を配置しても、社員が使いにくくては意味がありません。
社員が使いやすく、なおかつ良い印象を与えるデザインにしましょう。

また仕事をするスペースの多くは机です。
机を壁に向けたほうが良いのか、壁に向けないほうが良いのか、細かなことですが、印象が大きく変わります。
また来客スペースをどのように作るかも重要です。
特に来客が多いオフィスでは、例えば観葉植物を配置するなど工夫して訪問者に良い印象を持ってもらいましょう。

□看板を活用する

オフィス内に看板を設置するだけでも印象は変わります。
看板といえば宣伝に使われるものと考える人もいますが、宣伝だけではありません。

例えばオフィスに入った際のウェルカムボードやオフィス内の簡単な地図などを看板にすることで社内の印象を上げることができます。

また当社では、オフィスの雰囲気を損なわないすっきりとした印象の看板を揃えています。
社内イベントの告知やセミナーの案内等にも最適ですよ。

もちろんポスターやメディアの作成も承っておりますので、オフィス空間の総合的な演出が可能です。
また、社名やロゴマークを印刷したオリジナルのフレームやウェルカムボードなど、1点ものの商品製作もお気軽にご相談ください。

 

□まとめ

この記事ではオフィス移転の際、良い印象にデザインについてご紹介しました。

看板を設置するだけで、オフィスの印象を大きく変えることができます。
オフィス移転の際はオフィスデザインについてしっかりと考えましょう。
オフィス移転の際に看板作成を考えている方は、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

ポスターパネル