ポスターパネルを屋外で使用する際の注意点

雨風にさらされる屋外でポスターパネルを使用したいときには、どのような点に注意したら良いのでしょうか。
主に対候性について紹介をしていきます。

防水加工のポスターにする

雨が当たる場所では、当然ですがポスターが濡れてしまい、耐水性のないインクで出力されたポスターではインクが流れてしまいます。
ポスターには油性インクや印刷インクを使用することで、耐水性を確保することをおすすめします。

また、インクだけではなく紙も耐水性の高いものを選ぶようにしてください。
PP加工は一見耐水性が高く見えますが、パウチ加工と異なり紙全体がフィルムで包まれていないので、隙間から水が浸入します。
防水シートを貼るなどして耐水性を上げましょう。

防水加工フレームを購入する

防水加工されていないポスターパネルは、隙間から水が浸入してしまうことがあります。
ポスターの耐水性を確保すると同時に、ポスターパネル自体も防水加工タイプの耐水性が高いものを選ぶようにしましょう。

防水加工されていないポスターを屋外に掲示したい場合はパックシートをつけると耐水性が上がります。
ただ、パックシートを付ける分、ポスターのサイズが若干大きくなります。
この場合、通常規格サイズの屋外用フレームには付けられません。
ポスターフレームもパックシートに対応したサイズのものが必要になるので気をつけてください。

雨風以外にも気を付けた方がいいもの

屋外でポスターを飾るときは、雨風以外にも太陽光の対策を考えることをおすすめします。
太陽光から発せられる紫外線によってポスターは色あせていきます。
UV加工されたポスターパネルを採用すると、よりポスターが長持ちします。

また、対UVのインクも存在するので、値段次第では検討するのも良いでしょう。
ちなみに蛍光灯からも微弱ながら紫外線は出ているので、屋内でも屋外でも色あせは起きてしまいます。

屋外でポスターを設置したい場合、印刷段階から対策をすると良いでしょう。
対策が困難な場合はシートやパネル側で対応する必要がありますが、規格が合わないこともあるので気をつけてください。
ポスターパネル