看板での集客における知っておくべき注意点をご紹介します!

飲食店やその他お店を経営している方で、看板を使用して集客を考えている方もいらっしゃると思います。
看板を利用することで効率よく集客できますが、いくつか注意点も知っておきましょう。

□地域によって、設置できないタイプの看板がある

大家や地域のガイドラインによって、設置できないタイプの看板があることはご存知でしたか。
知らずに看板を設置してしまい、周囲とトラブルになることは避けたいですよね。
看板を設置する際に、どこにどのような看板が出せるのか知っておきましょう。
ビルなどを借りている場合、ビルオーナーや家主に看板を出して良いかあらかじめ確認しておくことが重要です。
この際にしっかりと許可を取っておけば、後々トラブルになることは防げます。

また、看板の種類についてもよく調べておく必要があります。
建物に直接ビスでとめてはいけないなど、施工方法を制限している場合があることを押さえておきましょう。
こちらも、建物のオーナーなどに確認を取っておくことが有効です。
建物によっては、看板を設置する場合は家賃と別で料金を支払う必要があるケースもあるようです。
建物を契約する際に、しっかりと確認しておきましょう。

例えば、当社が販売している看板の中でも、飲食店でよく利用されているものがあります。
A型看板が一番ベーシックですが、他にもスタンド看板などをはじめとする様々な看板があります。
このように様々な看板を用意しているので、設置できるタイプのものも見つかるはずです。

□看板を設置する際に申請が必要な場合がある

地域によって、設置できないタイプの看板があることを解説しました。
設置の際以外でも、いくつか確認しておくことがあります。
その一つに、申請がないと看板が設置できない場所があるということです。
申請が必要な場所で、無断で看板を利用してしまうと、印象が悪くなってしまうだけでなく、撤去されてしまう場合があります。
そのため、申請が必要になる条件を把握しておきましょう。
基本的には、敷地内や店舗内ではない場所に看板を設置する場合は、許可が必要です。

イベント時に道路や公園を利用するときに、無断で看板を設置してしまい、トラブルになることは多いようです。
これは、各自治体によって異なるので、あらかじめ詳しく調べておきましょう。

□まとめ

看板を集客で利用する際、物件や地域のガイドラインによって、設置できないタイプの看板があります。
そのため、看板を利用する際は事前にルールを確認しておくことが重要です。
また、道路や公園で看板を利用する場合は、必ず申請を行うことを把握しておきましょう。

アイボード特集