設置位置を考える際のポイント!看板の設置にお悩みの方へ

飲食店や不動産屋を経営している方で、集客のための看板の設置位置に迷われる方は多いですよね。
今回は、看板の設置位置を決めるためのポイントについて解説します。

□看板を設置する位置を決めるためのポイント

看板を設置するからには、効果的に利用したいと考える方がほとんどだと思います。
しかし、設置場所が適切でなければ十分な効果は得られません。
看板を効果的に利用するためには、いくつかポイントを押さえておきましょう。
看板を設置する際に意識すべきポイントは、大きく分けて3つあります。

1つめは、見える位置・高さにあることです。
当たり前に感じられるでしょうが、意識できている方は少ないでしょう。
よくある失敗例として、通行方向と看板を平行に設置してしまっている場合はかなり多いです。
平行に設置してしまうと、道を歩いている際に店の看板を認識できません。

また、看板を目立たせようとして高すぎる位置に設置してしまうといった失敗もよくあります。
人間の視線は、前にいる人の肩から腰辺りであると言われています。
そのため、高さを決める際はちょうど目に入る高さを意識しましょう。

2つめは、交通発生源から直接見えることです。
交通発生源とは、駅や大型交差点などの人々が集中する場所のことをいいます。
交通発生源に、自然に見える位置に看板を設置しておけば、大きな看板の効果を得られるでしょう。

3つめは、キーポイントに看板を設置することです。
キーポイントとは、具体的に人々の生活動線のことをいいます。
生活動線に設置することで、自然に何度も目に入るようになるからです。
当店が販売している、サインスタンドは簡単に生活動線に設置できる優れものです。
例えば、エントランスのご案内やフロアマップ、メニューなど様々な用途で使用されています。

キーポイントへの設置が難しいと感じる方は、サインスタンドを利用するのも良いかもしれませんね。

□看板を設置する際は安全性にも配慮する必要がある

看板を効果的に利用するための設置場所について解説しましたが、設置する際には安全にも配慮する必要があります。
看板事故はあまり知られていませんが、頻繁に起こっています。
設置する場所を決める際は、あらかじめよく法律や条例を確認しておきましょう。
また、設置した後も定期的に看板の点検を行うことで、事故を防止する効果があります。

□まとめ

看板を目立たせるためには、見える位置・高さに設置することを心がけましょう。
見える位置に看板を設置することで、多くの人に見てもらうきっかけを作れます。
また、看板を設置する際は、安全性を確かめることも重要です。

スタンド看板