ハロウィンの期間はどれくらい?店舗装飾におけるポイントをご紹介します

「ハロウィンも近いし、ハロウィンを意識した店舗装飾にしてみたいな」
「いつから装飾したらいいのだろう?」
こういった疑問をお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
最近、集客に繋げるために季節を意識した店舗装飾を行うお店が増えています。
特に、近年人気が高まっているハロウィンを取り入れるところも多いですよね。
しかし、初めての方にとっては分からないことも多く、不安になるもの。
そこで今回は、ハロウィンの店舗装飾のポイントについてご紹介します。

 

□ハロウィンとは

ハロウィンは、もともとはカトリック教会の祝日のひとつで、「万聖節」と呼ばれる日の前夜に行われるお祭りのことを指します。
しかし、現在では本来の意味はほとんど失われています。
欧米では、子どもたちが仮装してお菓子をもらう民間行事として定着したり、イギリスでは11月5日に行われる「Guy Fawkes’ Day」と合わせた行事として定着したりしています。
近年、日本でもキャンペーンやイベントに取り入れる企業が増えていることもあり、行事として定着し始めています。
また、仮装イベントとして若者が取り入れるようになったことで、街の店舗だけでなく個人宅でもハロウィン装飾を見かけるようになりました。

□ハロウィン装飾のポイント

*色を意識しよう

赤と緑の組み合わせから連想するものと言えば、クリスマスと答える方は多いのではないでしょうか?
色は、季節感やイベントをイメージしてもらう際に役立ちます。
まずはハロウィンらしい色を意識して、店舗装飾をしてみましょう。
具体的な色としては、かぼちゃを表す「オレンジ」や、黒猫やコウモリを連想させる「黒」、その他にもミステリアスな雰囲気を出すために「むらさき」を取り入れることも効果的です。
また、単色だけでなく、これらの色を組み合わせることでよりハロウィンらしい雰囲気を出すことができます。

 

*モチーフを取り入れよう

ハロウィンと言えば、やはり魔女やジャック・オ・ランタンといったモンスターを思い浮かべますよね。
その他にも、キャンディーやクッキー、お城やお墓といったモチーフもハロウィンの雰囲気にぴったりです。
こういったモチーフを店舗装飾に取り入れることで、ぐっと季節感を出すことができます。

 

□時期

店舗装飾にあたって、一番気になるのが「いつから始めるのか」という問題です。
一般的には、10月に入ってから装飾をし始めるところが多いようです。
中には、9月中旬から始めるところも。
ハロウィンのお祭り自体は10月31日のため、10月から1ヵ月くらい楽しむことを目安に装飾してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、ハロウィンの店舗装飾のポイントについてご紹介しました。
近年、認知度も高まり人気がある「ハロウィン」を、積極的に装飾に取り入れることで集客に結び付けてみましょう。
今回の記事が参考となれば幸いです。

サインスタイル