飲食店経営者の方へ|ディスプレイや装飾の配色について紹介します!

「ディスプレイや装飾をするときの配色のポイントが分からない」
「季節ごとの配色について知りたい」
このようにお考えの飲食店を経営されている方はいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回はディスプレイや装飾の配色について知りたい方のために、ディスプレイや装飾の配色のポイントと、季節ごとの配色について紹介します。

 

□ディスプレイや装飾の配色のポイント

*似た色同士はグループでまとめる

色をグループでまとめることをグルーピングと呼びますが、このグルーピングを行うことで陳列されている商品の分類が明確になり、お客様が見たときに商品を理解しやすいディスプレイとなります。
色をまとめる方法としては、暖色系・寒色系・無彩色・有彩色・色のトーンでまとめると良いでしょう。

*色数が多ければ、色相環にそって並べる

色相環とは、赤・黄・青の三原色の間に、各々を混ぜた色を配置し、円形に表したもののことで、この色相環にそって商品を並べると商品が見やすいです。

 

*有彩色の商品の後ろには無彩色の商品を配置する

有彩色の商品の後ろ側に、白・黒・グレーといった無彩色の商品を配置することで、商品やサービスの情報がお客様に伝わりやすいです。

 

□季節ごとの配色

季節感を意識した配色は人々の注目を得るために重要です。
それでは、適した配色について季節ごとに見ていきましょう。

*春

春は淡い色調のパステルカラーを使うと良いです。
特に、黄色・赤・グリーンといった色のパステルカラーが、春の暖かさや華やぎ感をイメージさせるカラーなのでおすすめです。

*夏

ビビッドカラーが夏に使うと良い色です。
ビビットカラーの持つ力強さや活力・躍動感・エネルギッシュさが、暑い夏のイメージを演出してくれます。

 

*秋

秋は茶色系やベージュ系を使うと良いです。
秋の穏やかで落ち着いた雰囲気をこれらの色が表現してくれます。

 

*冬

白や黒、グレーといった無彩色に近い色が冬に使うと良い色です。
冷たさや静けさを感じさせるこれらのカラーが、冬の寒さや静寂のイメージを人に与えてくれます。

 

□おすすめの商品

ここまでディスプレイや装飾の配色のポイントと、季節ごとの配色について紹介してきましたが、この記事を読んでいる方の中には、集客のために屋外での看板の設置を検討している方がいるのではないでしょうか。
そこで、そのような方のために、おすすめの当社の商品を1つ紹介します。
その商品とは、「ニューウルトラライトイーゼル」という電飾スタンド看板です。
この商品の特徴は、内照式の盤面でポスターを背面から照らし出す機能を持ったスタンド看板であることです。
そのため、屋外の薄暗いシチュエーションの中でも効果的に集客できます。

□まとめ

ディスプレイや装飾の配色のポイントと、季節ごとの配色について紹介しました。
この記事を読んで、配色のポイントと、季節ごとの配色の詳細が分かって頂けたのではないでしょうか。
また、当社では、今回ご紹介した商品以外にも数多くの商品を取り扱っております。
もしそれらの商品に興味があれば、是非一度当社のホームページからご覧ください。

電飾ポスターパネル/イーゼル