看板の文字の適切な大きさについてご紹介|看板の設置を検討中の方へ

「看板の文字の適切な大きさについて知りたい」
看板の設置を検討中でこのように考えている方はいるのではないでしょうか。
「いざ看板を設置してみたら、文字が小さすぎて何を宣伝しているのか分からない」
なんてことは避けたいですよね。
そこで今回は、このような疑問を抱えている方のために、看板の文字の適切な大きさについて紹介します。

 

□視認距離と適切な文字の大きさの目安

まず、看板の文字の適切な大きさを考える上で、この目安を知ることは重要です。
人が認識しやすい文字の大きさを、人と文字の距離が遠距離・中距離・近距離だった場合で分けて紹介します。

 

*遠距離

このとき、遠距離とは約35メートルのことです。
人と文字が約35メートル離れている場合、文字の大きさは和文字なら約150ミリメートル以上、英文字なら約110ミリメートル以上あれば、人間は無理なく文字を認識できます。

 

*中距離

このとき、中距離とは約20メートルのことを指します。
人と文字が約20メートル離れている場合、文字の大きさは和文字なら約70ミリメートル以上、英文字なら約60ミリメートル以上あれば、人間はストレス無く文字を認識可能です。

 

*近距離

このとき、近距離とは約5メートルのことです。
人と文字が約5メートル離れている場合、文字の大きさは和文字なら約25ミリメートル以上、英文字なら約20ミリメートル以上あれば、人間は文字を無理なく読むことができます。

 

□看板の文字の適切な大きさ

それでは、視認距離と適切な文字の大きさの目安を基に、看板の文字の適切な大きさを紹介します。
看板の種類によって文字の適切な大きさが違うので、適した文字の大きさを看板の種類ごとに説明していきます。

 

*野立て看板・袖看板(大)・ポール看板(大)

これらは遠距離にいるお客様に店舗の存在を認識してもらう看板です。
そのため、文字の大きさを和文字なら約150ミリメートル以上、英文字なら約110ミリメートル以上にすると良いです。

 

*袖看板・ポール看板

これらは中距離にいるお客様に店名と他店との違いを認識してもらう看板です。
そのため、文字の大きさを和文字なら約70ミリメートル以上、英文字なら約60ミリメートル以上にすると良いでしょう。

*壁面看板・スタンド看板

これらは近距離にいるお客様に店舗の詳細やメニュー・価格を認識してもらう看板です。
そのため、文字の大きさを和文字なら約25ミリメートル以上、英文字なら約20ミリメートル以上にすると良いでしょう。
当社ではこの近距離に使われるスタンド看板を販売しております。
スタンド看板の商品としては、「アイボード」と呼ばれるフレームカラーを選べるスタンド看板や、「Aグリップ」と呼ばれるサイズ展開が豊富なスタンド看板があります。
このようにカラーやサイズのバリエーションが豊富なので、もし当社で看板を購入するとなれば、お客様のニーズに沿ったスタンド看板をご提案ができると考えられます。

□まとめ

この記事では、看板の文字の適切な大きさについて紹介しました。
この記事を読んで、看板の種類ごとに文字の大きさはどれくらいにすれば良いのか分かって頂けたのではないでしょうか。
当社では、今回ご紹介した商品以外にも数多くの看板に関する商品を取り扱っております。
興味があれば、是非一度当社のホームページからご覧ください。

サインスタイル