看板の設置方法ごとの勘定科目を紹介|看板の設置を検討中の方必見!

「看板の勘定科目の仕分け方法について知りたい」
「看板の勘定科目の仕分けで注意することって何だろう」
このようにお考えの飲食店経営者の方はいませんか。
この記事では、看板の勘定科目の仕分け方法や注意点について、紹介します。

 

□勘定科目とは

勘定科目とは、決算書の資産・負債・総資産・収益・費用の5つの分類を項目ごとに詳しく表した名称のことです。

 

□看板の勘定科目の仕分け方法

看板の勘定科目は、看板の設置方法ごとに以下の扱いで仕分けがなされます。
それでは、看板の設置方法ごとの勘定科目について説明します。

 

*建物附属設備

看板を建物自体に設置したケースなら、建物附属設備という扱いで決算書に反映させます。

 

*構築物

看板を屋外に立てたケースなら、構築物という扱いで決算書に反映させます。

 

*器具及び備品

設置場所が固定されていないケースなら、器具及び備品という扱いで決算書に反映させます。
簡易の立て看板などがこれにあたります。

 

*消耗品

設置方法に関わらず、設置に掛かった費用が10万円以下であれば、消耗品という扱いで決算書に反映させます。

□注意点

壁に取り付けた金属製の看板を、誤って構築物という扱いで決算書に反映させないように気を付けましょう。
なぜなら、耐用年数が違うために金額が変わってきてしまうからです。
金属製の看板を建物附随設備という扱いで計上するケースなら、耐用年数は18年、構築物という扱いで計上するケースなら耐用年数は20年なので覚えておくと良いでしょう。

 

□オススメの看板

ここまで看板の勘定科目の仕分け方法や注意点について紹介してきましたが、この記事を読んでいる方の中には、集客のために屋外に看板を設置しようと考えている方がいると思われます。
そこで、そのような方のために、オススメの看板を一つご紹介します。
それは当社で販売している「Aグリップ」という商品です。
この商品は店頭で宣伝する際に便利なスタンド看板です。
サイズ展開が豊富なので、ちょっとしたスペースでの宣伝から大きく宣伝する際まで幅広いパターンの宣伝に対応できます。
また、四辺開閉式を採用しているため、誰でも簡単にポスターの差し替えが行えることも魅力の商品です。

 

 

□まとめ

今回は、看板の勘定科目の仕分け方法や注意点について、紹介しました。
この記事を読んで、看板の勘定科目の仕分け方法や注意点とは何なのか分かって頂けたのではないでしょうか。
また、当社では、今回ご紹介した商品以外にも数多くの看板に関する商品を取り扱っております。
もし当社の商品に興味があれば、是非一度当社のホームページからご覧ください。

電飾ポスターパネル/イーゼル