電子看板について知りたい方必見!その特徴とメリットには何があるの?

「最近よく電子看板を見るけれど、メリットって何があるんだろう」
「他の広告と何が違うの?」
こういった疑問をお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
最近、駅やデパートなどでよく見かけるようになった電子看板。
しかし、いざ導入してみようと考えても、分からないことが多く不安ですよね。
そこで今回は、電子看板の特徴を踏まえた上で、メリットをご紹介します。

□電子看板とは?

電子看板は、広告や情報を液晶ディスプレイに表示するシステムのことを指します。
デジタルサイネージとも呼ばれ、近年は急速に拡大しています。
山手線のドア上部にあるモニターや、自動販売機についているモニターも、電子看板に含まれます。
時代とともに、看板は変化してきました。
その中でも電子看板、別名デジタルサイネージは、これまでの看板のイメージを大きく変えた存在と言えます。

□使用用途は?

*広告・販促

これまでの看板と同様に、壁面に設置する広告ツールとして活躍しています。
飲食店や美容院などでは、メニューなどの情報を表示させる目的としても利用されています。

*情報提供

病院や会社内で利用される場合は、情報提供の目的が多いです。
その他にも、旅行者に向けた観光情報や、災害時においてはアナウンスといった目的としても利用されています。

*空間演出

電子看板は、映像を流せるため、空間演出としても利用できます。
このように電子看板では、表現できる幅がこれまでの看板に比べて広い点が最大の特徴と言えます。

□メリットは?

*インパクトが大きい

電子看板は、映像を流せることによって動的な表現が可能となります。
そのインパクトの大きさから、従来のポスターといった看板よりも、より集客効果を期待できるかもしれません。

*省スペースでの設置が可能

技術進歩により、薄型かつ小型のディスプレイも増えています。
そのため、大きなスペースを必要としなくなった分、設置できる場所が増えています。

*いつでも変更可能

電子看板の最大のメリットの一つは、情報をその都度変えられることです。
お客様のニーズは、季節や天候によって左右されますよね。
そういった変化にも対応できることで、集客効果につなげられるのでしょう。

□まとめ

今回は、電子看板の特徴を踏まえた上で、メリットをご紹介しました。
その表現の幅の広さから、今後も活用方法がさらに発展していく事が期待されています。
ぜひ一度、電子看板の設置を検討してみてはいかがでしょうか。

デジタルサイネージ