メガネなしでも3Dに見える仕組みを解説!

かつては、3Dといえば「メガネ」という言葉がセットになるほど、3Dで立体視するためには片方のレンズが赤、もう片方が青色のアナグリフ方式3Dメガネが常識でした。

しかし、最新のテクノロジーでは専用メガネをかけずに裸眼でも3D(立体映像)が見られる技術が確立されています。
ここでは、その仕組みを詳しく解説していきます。

3Dを見るための基本的な仕組みは「視差」

テレビや3Dディスプレイで映像が立体的に見える仕組みは、赤青メガネの時代と今でも根本的な原理は一緒です。

立体視のためには、人の左右の目が鼻を挟んで少し離れていることを利用します。
左右の目でわずかに見る角度が異なることを「視差」と言います。
この「視差」を使い、色付きのレンズで左右の目で異なった見え方をさせることで、立体的に見せているのです。

3Dディスプレイはどうやって立体映像を見せているのか

赤青メガネでは、赤と青のフィルターにより左右の目で見る映像を変えていましたが、3Dディスプレイは、このメガネの機能をディスプレイ自体に付与しています。

例えば、3Dディスプレイのパララックスバリア方式(視差バリア方式)の場合、ディスプレイの液晶パネルの前に微細な網目状のフィルターであるパララックスバリアを配置します。
普通に見ていると網目は認識できませんが、これによって左目だけで見える映像と右目だけで見える映像を見せ、左右の目で違う映像を見せることにより立体映像を作り出すのです。
この方式はゲーム機のニンテンドー3DSも採用しています。

また、ディスプレイの画素の前に曲面の極小レンズを無数に配置するインテグラル方式もあります。
この方式では、1つのレンズに2つの画素がセットになっています。
レンズが光の向きをコントロールすることで、右目で見ると左側の画素が見え、左目で見ると右側の画素だけが見えるのです。
これにより、やはり左右の目で異なる映像を見ることになり、立体映像が見られるのです。

3Dディスプレイの未来

3D映像は、ゲームや映画など娯楽コンテンツを中心に発展してきました。
しかし、裸眼で立体映像を見せることが可能になったことで、にわかに広告・宣伝の分野で注目を集めています。

何もない空間に3Dのキャラクターを投影したり、平面のディスプレイに動きがあって立体的な映像を流したり、小さなボックスのディスプレイに飛び回る立体映像を投影したりする宣伝・広告方法は、人々の足を止め、商品やアピールしたい内容に対して目を釘付けにしてくれます。

広告業界では、タイムズスクエアに登場したコカ・コーラの波打つような3Dロボティクス看板に衝撃を受けましたが、技術が進化すれば、さらなる未来感に溢れる広告・看板が登場するのは間違いありません。

これまでにない強いインパクトを与え、人の印象に残すことのできるのが3Dの広告・看板です。
お店の看板やイベント・展示会の集客ツールなど、様々な場所でこれから見る機会が増えると思います。
その効果は非常に高いので、広く普及する前に先んじて導入するのも良いのではないでしょうか。

電飾サインスタンドデジタルサイネージ