3Dホログラムを使ったディスプレイの活用方法

新しい広告・看板のあり方として、デジタル技術を使ったデジタルサイネージや3Dディスプレイなどが注目され始めていますが、空中に立体映像を映し出す3Dホログラムも話題になっています。

ここでは、PRの仕方として新しく、そして大きな可能性を秘めた3Dホログラムについてご紹介します。

空中に立体映像を描ける3Dホログラム

3Dホログラムとは、特殊なフィルムに対してレーザーを照射して、空中に立体映像を投影する技術のことです。
特殊フィルム(感光材)には投影する立体物の光の波形がデータとして記録されていて、レーザーによってその映像を投影するのです。

3Dホログラムを見る側は、3D映像を見るための特別なメガネなどの機器を必要とせず、見ることに対するハードルが低いという特徴もあります。

何もない場所に立体映像を描けるというメリット

3Dディスプレイやプロジェクションマッピングなど、デジタルを用いた映像表現では、映像を再生することができ、投影するディスプレイ、スクリーン、壁などが必要になります。
しかし、3Dホログラムは空中に立体映像を描くので、様々な場所でアピールすることが可能です。

イベントや展示会の会場など、通常の店舗とは異なる、いつもの使い勝手が通用しない場所でも、独創的でインパクトのあるPRができます。
また、アピールしたい商品の周囲に3Dホログラム映像を動かして人の興味を引かせるなど、静物(静止している商品)と組み合わせることも可能です。

風をまとったように速そうに見えるシューズなど、これまではイメージでしか伝えられなかった表現が実現できるのも3Dホログラムの特徴です。
さらに、BGM・音楽を加えることで、視覚と聴覚に訴えて販促に使うこともできます。

3Dホログラディスプレイの活用事例

ショップでの使い方としては、小さなボックスのようなディスプレイがあげられます。
箱の中でリアルな立体映像で水が流れていたり、炎が揺らめいていたりしたら、多くの人が見入ってしまいます。

商品が動いて商品の魅力をアップさせる演出をすることでお客様の目を引きつける、興味を持たせることができます。
立体映像にはディスプレイとして最大の狙いでもある人の足を止める効果があるのです。

また、ステージの演出にも効果抜群です。
ラスベガスではマイケル・ジャクソンがホログラムで蘇りましたし、初音ミクもホログラムでライブを行っています。
大掛かりにはなりますが、3Dホログラムはイベント、プロモーション、展示会ブースなどのステージでは、かなりの効果が期待できます。

以上が3Dホログラムを使ったディスプレイの活用方法です。
そのインパクトやPR力から、広告・宣伝の新しいあり方の一つとして大いに注目されているのがおわかりいただけたと思います。
販促や集客、アピールなど、様々な活用方法のある3Dホログラムの導入をぜひご検討下さい。

LEDディスプレイデジタルサイネージ