飲食店の経営者は必見!メニューに用いるディスプレイ看板のおすすめはコレ!

「看板からの集客を増やしたいな」
「メニューを掲示するのは、どういった看板がいいんだろう」
こういった考えをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
飲食店の看板にとって、お客様に気付いてもらうことはとても重要ですよね。
そこで今回は、飲食店のメニューを掲載するにあたって、ぴったりなディスプレイ看板について、ご紹介します。

 

□どんな看板がいいの?

飲食店の看板において、重要となってくるのは「お客様に気付いてもらうこと」です。
メニューを掲示するにあたって、ポイントとなるのは以下の二つです。

・カテゴリーごとに分ける
・用途に合わせて使い分ける
一つひとつ見ていきましょう。

*カテゴリーごとに分ける

集客を増やして、なおかつ売り上げを伸ばしていくためには、お店の主力となるカテゴリーメニューを前面に押し出しましょう。
グランドメニューとして、主力カテゴリーを大きく強調して扱います。
また、おすすめメニューや看板メニューのカテゴリーも作ることで、このお店に来たら「これが食べたい!」となるように、お客様を誘導していくことも重要です。

*用途に合わせて使い分ける

それぞれの用途に合わせて、二つのメニューを使い分けることも、集客において効果的と言えます。
「おすすめメニュー」は、季節の食材を使ったメニューなどを、掲載します。
「看板メニュー」は、主力のカテゴリーから主に掲載し、特におすすめのものを強調することでお客様にお店の特徴をアピールできるのです。

□おすすめはコレ!

これまで、メニューにおける集客のポイントをご紹介しました。
では、これらのポイントを満たすためには、どの看板を使ったらいいのでしょうか?
強くおすすめしたいのが、「ディスプレイ看板」です。
デジタルサイネージとも呼ばれ、簡単に言えば、ディスプレイに電子情報を流すことで、広告を掲示するシステムのことを指します。
デジタルサイネージをおすすめする理由は以下の二つです。

・一つの場所でいくつもの広告を掲示できる
・映像を流せる

*一つの場所でいくつもの広告を

デジタルサイネージの場合、従来の広告と異なり、いくつもの広告を掲示することが可能です。
そのため、場所が限られている場合にも、数多くのメニューを掲載できます。

*映像を流してインパクトを

これまでのポスターと異なり、映像を流せるという特徴があります。
それにより、飲食店のメニューの中で、最も目立たせたい料理をより強調して、表示することも可能となります。
インパクトを大きくできればできるだけ、その効果は期待できますよね。
また、メニュー以外にも映像を流せるため、お店の雰囲気に合わせて好きな映像を流せる点も、集客効果が期待できます。

 

□まとめ

今回は、飲食店のメニューを掲載するにあたって、ぴったりなディスプレイ看板について、ご紹介しました。
気付いてもらうことが大切な飲食店のメニューや、インパクトが期待できるデジタルサイネージがおすすめです。
ぜひ一度、検討しみてはいかがでしょうか。

デジタルサイネージ