集客につながる!?電子看板を効果的に利用する方法とは?

「電子看板を使ってみたいけど、効果はあるのかな」
「集客にどう役立つんだろう」
こういった考えをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
近年、そのメリットの多さから、電子看板を利用する業者も増加傾向にあります。
しかし実際に、どう集客に役立たせているのかはよく分からないですよね。
そこで今回は、そういった方に向けて、集客における電子看板の利用方法についてご紹介します!

□電子看板とは?

電子看板とは、一言でいうなら「広告や情報をモニターに表示するもの」です。
デジタルサイネージとも呼ばれ、身近なところでいえば、自動販売機についている画面をご覧になったことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
あれらもまた、電子看板に含まれます。
最近では、モニターの低価格化に加えて、品質も向上したため、急速に広がっています。
では、具体的にはどういったシーンで利用されているのでしょうか?

*電車での利用

日本では、山手線で本格的に導入されています。
行き先や停車駅の情報に加えて、広告など幅い広い用途で利用されています。

*お店での利用

主に飲食店では、メニューや待ち時間の表示のために利用されています。
ポスターと違い、一つの場所で多くの情報を載せられるため、導入する企業も増えてきています。
美容院などの場合、料金情報だけでなく、映像や音声を流せます。
明るくおしゃれな雰囲気にしたい場合など、お店の雰囲気に合わせて利用できるため、検討してみてはいかがでしょうか。

*イベントでの利用

その他にも、コンサートなどのイベントでは、ステージ上に設置することで場の雰囲気を盛り上げるために利用されています。

□メリット

*視認性が上がる

電子看板の場合、ポスターと異なり動いた映像も流せるため「視認性」がアップします。
より印象に残り、集客にもつながることが期待できます。

*スペースは不必要

電子看板は薄型のものも増え、徐々に軽量化もされています。
狭い路地裏といった、あまり広くない場所でも設置することが可能です。

*簡単に情報更新が可能

電子看板の場合、リアルタイムで情報を更新できます。
季節や気候によって、お客様のニーズに合わせて情報を伝えられることは、大きな集客効果につながることが期待できます。

 

□まとめ

今回は、電子看板の利用方法についてご紹介いたしました。
お客さんを集めるためには、ニーズに合わせて臨機応変に情報を提示していくことが重要です。
そのために電子看板はぴったりと言えるのではないでしょうか。
ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

デジタルサイネージ