縁日の装飾やディスプレイにおすすめのツール6選

お祭りや縁日といったシーズンイベントは、装飾やディスプレイによる雰囲気づくりが大切です。
今回は、お店やイベント会場で縁日のイベントを行う際、盛り上がりに一役買うツールを紹介します。

高揚感と郷愁を覚えさせる雰囲気

子供はもちろん、大人も童心に返る縁日は、どこかノスタルジックな雰囲気を持たせることが大切です。
縁日で多く使われる赤やオレンジの配色や明かりには、気分を高揚させ温かい気持ちにさせる効果があります。

イベント会場で行われる縁日は模擬店ごとにブースで仕切られているものが多く、紅白幕や装飾品を使って上手く雰囲気を作り出しています。

縁日の装飾やディスプレイにおすすめのツール

それでは具体的に縁日におすすめの装飾やディスプレイツールを見ていきましょう。

提灯

赤や白の提灯は安価で大量購入が可能なので、縁日の雰囲気作りにはぴったりのツールです。
模擬店の屋根につけてアクセントにしたり、紐で連ねて会場全体に飾ったりすると良いでしょう。

のぼり旗

「焼きそば」「金魚すくい」など、出展内容にあったのぼり旗を立てると、人だかりの向こうからでも模擬店を見つけることができます。
また、模擬店が設置できない場合でも、のぼりを立てるだけでも縁日の雰囲気が伝わってくるのでおすすめです。

吊り下げ旗

のぼり旗を設置するスペースがない場合でも、吊り下げ旗であれば模擬店の屋根に吊り下げて設置できるため場所を選びません。
「氷」や「ラムネ」と書かれた吊り下げ旗が風に揺れていると、夏の雰囲気が増しますよね。
また、提灯と組み合わせて装飾するのもおすすめです。

テント

屋外で縁日のイベントを行うのであれば、日陰になり雨除けにもなるテントは必需品です。
簡易テントを使用して模擬店を作れば、短時間で設営でき、また撤去も簡単にできるため、期間限定の縁日イベントには最適です。

ベンチ

縁日のイベント会場が大きい場合、適度にベンチを設置した方が良いでしょう。
屋台で購入した食べ物を食べる時や、疲れた時に休憩する場所があると、大人も子供も安心して縁日を楽しむことができます。

うちわ

装飾用の大型のうちわと、お客様に配布するうちわがあります。
お客様が入場する際にうちわを配布すると、涼むために使う目的以外にも、会場全体を縁日の雰囲気にするツールにもなります。

お客様は日常とはちょっと違う雰囲気を求めて縁日にやってきます。
ただ模擬店や物販スペースを並べるだけではなく、様々なツールを駆使してお祭りや縁日の雰囲気を作り出せるよう工夫しましょう。

LEDアイテム