オフィスのエントランスで使われる看板・サインの種類

オフィスのエントランスに掲げる社名やロゴなどの看板・サインは、その会社の社風や業務内容などを端的に伝える非常に重要なものとなります。

ここでは、見る人に強い印象を与えることのできる、看板・サインの種類をご紹介します。

立体的な文字を並べる「切り文字」サイン

エントランスに限らず、看板・サインの代表的なものが、「切り文字」サインです。
文字を一文字ずつ立体的に切り出すことから「切り文字」と呼ばれ、文字を壁や看板などに貼り付けて使います。

立体的な文字は光によって陰影が生まれ、社名などの単語を印象的に伝えます。

文字は色々な素材から選ぶことができます。
金属なら高級感やスタイリッシュさで最先端のテクノロジー企業などを表現でき、プラスチックのカルプなら加工や色のバリエーションが豊富なので万能、木の切り文字は和や温かみを表現、などの使い分けができます。

価格は素材によって異なり、アピール力があるだけに一般的に他のサインよりも高価になりがちです。

発光してアピール力が大きい「LED」サイン

切り文字やロゴと組み合わせて効果を発揮するのが「LED」サインです。
文字の表面を発光させて強く印象付けたり、文字の裏から背面発光させて文字の立体感をより強調することも可能です。

文字をネオン管のようにパイプ状にして光らせれば、レトロ感やアメリカのダイナーのような雰囲気も演出できます。

こちらは切り文字よりも高価になります。

シートから切り出して貼り付ける「カッティングシート」サイン

立体的な切り文字とはうってかわり平面的なのが「カッティングシート」サインです。
カラーリングが豊富だったり、切り文字では表現が難しい画数の多い文字なども対応可能だったりと、幅広く使えます。

企業エントランスで使う場合は、オフィスのガラスドアなどに貼って、そこがエントランスであることを示したり、会議室であることを示したりと、実用的な使い方ができます。

切り文字と比べて平面的なので、アピール力が弱いという点がありますが、その分価格面では安く仕上がるというメリットがあります。

プレートに文字を刻む「銘板」サイン

金属ならエッチング(腐食)、木なら彫刻などで文字を刻んだものが「銘板」サインです。
学校や橋桁など、公共性の高い場所に設置されているのをよく見かけます。

これらがオフィスのエントランスで使われる看板・サインの代表例です。

設置場所については、看板・サインとして人の目に付く場所がベストになります。
エレベーターを出てすぐの場所や、受付担当者の背後などが基本となります。
また、壁に貼り付けるはずの切り文字をわざと地面に置いて印象付けるなど、会社の社風に合わせたユニークな設置を試みるのも面白いでしょう。

電飾サインスタンド