レンタル看板の特徴やメリット・デメリットについて

式典やイベントで使う看板は毎日使うものでは無いので、レンタルできた方が便利ですね。
では、どのような看板がレンタルできて、どのようなメリットがあるのかについて調べてみました。

看板をレンタルすることはできるのか

看板はレンタルが可能です。
一般的には、期間が1日~数日の式典やイベントへの看板レンタルを想定しており、それを専門とする業者が多くあります。
しかし、中には数ヶ月から数年の中長期にわたって掲示する看板をレンタルするサービスもあります。

看板は、看板そのものの構造である「本体」と、メッセージや広告などを表現する「表示面」で構成されています。
定型的な案内看板を除くと、「表示面」は都度作成するオーダーメイドの部分になります。
したがって、「表示面」の印刷と本体への貼り付けも含めて、レンタル時に注文することになります。

看板レンタルにおけるメリットとデメリット

短期間の式典やイベントに用いる場合は、レンタルのメリットが非常に大きくあります。
上記のような看板はたびたび使うものではありませんので、使うときだけレンタルして済ませてしまった方が便利です。
また、イベントの規模などに合わせて必要なものを必要なだけ注文できるので、柔軟性を持って看板を配置することができます。

もちろん、レンタルの場合は都度、費用を支払うので、使用頻度が高い場合は購入した方が安くなることもあります。
ただし、使わないときの収納まで考えると、大きな倉庫を持っていない限り、レンタルのメリットがあります。

また、看板を購入した場合、資産として管理していく必要が出てきます。
大きくて高価なものの場合は、財務上、固定資産として減価償却の対象になることもあり、管理が煩雑になることがあります。
さらに、廃棄する場合の手間や費用の問題もあります。
そうした点を気にしなくていいのが、レンタルのメリットになります。

レンタルできる看板の種類

イベントや式典用の看板では、立て看板や吊り看板がレンタルできます。
これらは表示面の印刷が必要になります。

表示面が定型的な文言やデザインの案内看板や交通看板もレンタルできます。
中長期的に固定して掲示する壁面看板や自立看板を、製作・レンタルしている業者もあります。

看板をレンタルする際の仕組み・契約の流れ

表示面の印刷が必要ない定型的な看板であれば、インターネット上でも注文も可能です。
在庫があれば、当日お届けできる業者もあります。

表示面の印刷が必要な看板の場合は、営業担当者とのやり取りが必要になってきます。
納期は数日~1週間程度みておくと良いでしょう。

看板のレンタルは、使い方によって向き不向きがあり、メリットとデメリットもあります。そうしたことを知った上で、用途に合わせてかしこく選びましょう。

サインスタイル