バナースタンドの種類別活用事例

手軽に看板としてのPR効果や誘導、告知などに使えるサインツールとしてバナースタンドが人気です。
設置する場所や用途によって、色々な種類から選べるのも魅力です。

適した種類を選べば、集客効果も大きく期待できるので、バナースタンドの種類別活用事例をご紹介します。

バナースタンドとは

バナースタンドは看板の一種で、スクリーン(シート、メディア)に店名やキャッチコピー、メニュー写真、サービス内容などの広告内容をプリントして、それを広げた状態で店頭などに設置するというものです。
どの種類も軽量で、持ち運びや組み立て、設置が簡単なタイプが多く、イベント展示会や店内・店頭でのPRや宣伝、告知、集客、誘導などに効果があります。

設置・持ち運びが簡単なので展示会で活躍する「ロールアップバナー」

円筒状のスタンド下部にバナースクリーンを巻き取り式で収納して、設置する場所でスクリーンを引き出して、掲示できるのが「ロールアップバナー」です。
サイズによりますが、比較的軽量で、持ち運びは円筒状の専用ケースにひとまとめで移動可能、組み立てが簡単というバナースタンドです。

スクリーンのサイズも色々あり、高さは約2~2.5mと大きな表示面でアピールできます。
設置と撤去に労力や時間がかからないことから、迅速な設営が求められる展示会で非常に役立ちます。

また、2mサイズの看板は目を引き、展示会で来場者の足を止めて、ブースに興味を持ってもらうのに効果を発揮します。

構造がしっかりしていて、利便性も高いことから、価格はバナースタンドの中で最も高価になることが多くなります。

軽量で組み立ても簡単、屋外でも使える「ハトメ型バナースタンド」

スクリーンの4隅に輪っか状の金属の金具ハトメを取り付け、そこにスタンドを兼ねるアームを接続して自立させるバナースタンドが「ハトメ型バナースタンド」です。
アームの骨組みだけを見るとXに見えるので「X型バナースタンド」とも呼ばれます。

骨組みとスクリーンだけなので、ロールアップバナーよりも軽量で安価になる傾向があります。

組み立て・設置方法は、スタンドを組み立てて、スクリーンのハトメと接続するだけです。
4辺にあるハトメにフックを通す際に少し力が必要で、2mサイズになると大きなスクリーンをピンと張った状態にしないといけないので、力の弱い女性は苦労するかもしれません。
スクリーンと骨組みの取り付けが完了すれば、自然と外側に引っ張られる状態になり、テンションの張った美しい状態で見栄え良く設置することができます。

サイズ的には約2mまでのものが主流になります。

設置場所は店内を始め、下部に重り(注水タンク)を載せれば屋外でも設置可能です。

簡単構造で安価なのが魅力の「タペストリー型バナースタンド」

脚部がT字型やH型のスタンドにポールを立てて、上下にバーを取り付けたスクリーンを設置するタイプは、吊るすような形状から「タペストリータイプ」、また横から見た形状から「Lスタンド」などと呼ばれます。
構造が簡単で、組み立てと設置も容易なタイプで、価格もバナースタンドの中では最も安い部類になりコスト面で大きなメリットがあります。

逆に、構造のシンプルさから大きなスクリーンを支えるのには向いていません。
主に店内や屋内など、無風の環境で使うことが多くなります。

バナースタンドの種類別活用事例はいかがだったでしょうか。
設置場所やアピールしたい内容、持ち運びするかどうか、予算はいくらまでなのかなど、条件に応じて適したバナースタンドを選びましょう。

bannerスタンド