展示会にはバナースタンドがおすすめ!な理由

展示会に出展したとき、来場者の人の目を引きブースに多くの人を集客したい場合、ブースに設置するアイテムとしてはバナースタンドがうってつけです。
バナースタンドは、設営で手間を取らず、組み立てもほんの数分でできるので、すみやかな準備が求められる展示会ではベストな看板・サイン商品なのです。

ここでは、バナースタンドがおすすめな理由を、構造やその効果の内容などから紹介します。

軽量で運搬も設置も手軽なバナースタンド

バナースタンドとは、出展者やお店の広告内容をプリントしたスクリーン(シート)を、ポールやアームを使って掲示できる、自立型の看板のことです。

重量は、スクリーンの種類やサイズ、スタンドの強度によっても異なりますが、スクリーンを巻き取るタイプのロールアップバナーを例に取ると、軽いもので1台2kgほどで、女性でも片手で持つことができます。

また、スクリーンは下部のロールに収納され、パーツのポール(支柱)と合わせて専用ケースに収納できるので、持ち運びにも便利です。

設営に適したバナースタンドはアイキャッチ効果もあって展示会で活躍

展示会では、限られた時間、人数でブースを設営しなければいけません。
そこで、持ち運びが簡単、組み立て・収納が数分でできる、重さも軽い、という多くのメリットがあるバナースタンドが、展示会で重宝されるのです。

また、設置が簡単なのに、しっかりとアイキャッチ効果もあります。
バナースタンドのデザインは、データ入稿でデザインが自由です。
人の目を引くデザインで来場者の足を止めて、ブースに興味を持ってもらえます。

展示会以外でのバナースタンドの活用法

軽量で設置が簡単なバナースタンドの活用法は展示会にとどまりません。

持ち運びが便利なので、イベント会場での受付けに設置して、来場者の誘導や告知にも役立ちます。
組み立てが簡単なので、店舗内に設置して、おすすめの商品をPRするのも良いでしょう。
催事やセールなど、期間限定利用も、撤去が簡単なうえ、スクリーンを交換する事で繰り返し利用でき大変便利です。
またプリントの自由度から、近年では結婚式のウェルカムボード代わりに、夫婦の写真を大きくプリントする例もあるようです。

下部に注水ウェイトを用いれば、しっかりと固定でき、店頭での設置にも使用できます。

以上が展示会にバナースタンドをおすすめする理由です。
軽量設計、持ち運びに便利、設置・撤去が簡単なので、展示会でのPRにぜひ役立ててください。

bannerスタンド