のれんに防炎加工をする必要性とは

のれんに防炎加工を施す必要はあるのでしょうか。
防炎加工されたのれんの特徴と、どのような場所で使われるのかを紹介します。

燃え上がるのを防ぐために必要

のれんなどの繊維製品の多くは、燃えやすい性質があります。
一度火がつくと繊維質が「もえぐさ」となって一気に燃え広がる恐れがあります。

消防法によって人が多く集まる場所では、燃え上がるのを防ぐために防炎加工された物品を使用するように義務付けられています。
のれんの他にも、カーテンやのぼり、暗幕やどん帳、衣服類、テントなどが防炎加工の認定が必要となっております。
ぜひ、お持ちの繊維製品が防炎加工されているかどうかチェックしましょう。

防炎物品には「防炎」の表示がついている

燃えやすい繊維製品を防炎加工で改良し、燃えにくくするのが防炎加工です。
消防法に定められた基準を満たすものを「防炎物品」と呼びます。

防炎物品として認められたものには「防炎ラベル」の表示が決められています。
ラベルをみて防炎加工されているかどうかを判断する基準にしましょう。

具体的な加工方法については防炎加工の専門業者に確認することをおすすめします。
もし、お持ちの繊維質が防炎物品でない場合は、防炎加工の業者に加工してもらったり、防炎加工されている物品を購入したりすると良いでしょう。

人が集まるところは防炎物品の使用を義務付けている

特定の建築物では、消防庁の法令で防炎物品の使用が義務付けられています。
具体的には以下の施設などがそれにあたります。

  • 地上31m以上の高層建築物
  • 映画館や演芸場
  • 旅館やホテルなどの宿泊施設
  • 病院や老人ホーム
  • 学校、幼稚園
  • 映画スタジオ、テレビスタジオ
  • 公衆浴場

他にもガソリンスタンドや展示会場、商業施設でも防炎物品の使用を義務付けられています。
詳しくは消防庁のホームページを確認してください。

(参考:東京消防庁 http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/office_adv/bouen/p03.html#kousou)

火事になったとき、防炎加工されている物品かどうかが左右する場面もあります。
普段はなかなか防炎意識を持つことは難しいかもしれませんが、いざというときのためにも一度確認されることをおすすめします。