のれんとは?もとの意味や役割とは

のれんには一体どんな役割があるのでしょうか。
元々の意味などから現代での意味や役割を辿っていきます。

のれんとは

のれんは店先や部屋の境に、日除けや目隠しなどのために吊り下げられた布です。
お店の入り口などでは、営業中かどうかを示すために出しているところも多くあります。
また、お店で使われるものはロゴや店名が書かれているものが多いです。

お店のブランドそのものの意味を持つこともあり、「のれんが傷つく」などの言葉があります。

のれんの元々の役割

のれんは日本独特の文化で海外ではあまり見ることがありません。
元々は日除けや風避け、塵除け、人目避け、防寒などの目的で使われていました。

鎌倉時代以降には商標などが描かれ、徐々にのれんにメッセージ性を持たせるようになります。
江戸時代に入ると識字率の上昇とともに、文字の入ったのれんが使われるようになりました。

寛永年間頃からお店の屋号や商標が入り、文字を染め抜いて、看板のような役割を果たすようになっていきます。
また、戦前の飲食店では指を拭くのにのれんを使っていました。
「のれんが汚れているほど繁盛している店」と言われていたようです。

現代での意味や用途

のれんの用途は、現代でも特に看板や人目避けなどの役割が継続しています。
特に金属の看板とは趣がことなるため、和のテイストを出したいお店では重宝されています。

人目避けとしては主に温泉施設の「男湯」と「女湯」を分ける際に役割を発揮しています。
また、閉店時にのれんをしまうので、営業していることを示す合図にもなっています。

冷暖房設備が整った現代では、かつての防寒としての役割は終えています。
のれんで指を拭くというのも、現代ではなかなか考えられない概念です。
特殊なところでは「のれん分け」のような言葉として残っていたり、M&A(企業買収)の世界でも「のれん」という概念があります。

時代が変わって役割は少しずつ変わってきていますが、のれんが活躍できる舞台は沢山あります。
最近では店先だけではなく、自宅のインテリアとして使われることもあるようです。