看板・装飾全般

デジタルサイネージは設置場所の工夫がカギ

  • 看板・装飾全般
  • 電飾スタンド看板

デジタルサイネージは設置場所の工夫がカギ

駅や空港、ショップ、飲食店、病院など、最近では様々な場所で見かけるようになった宣伝・広告ツールがデジタルサイネージです。 形や表示する内容が自由で、設置する場所やスタイルも壁に埋...

メガネなしでも3Dに見える仕組みを解説!

  • 看板・装飾全般
  • 電飾スタンド看板

メガネなしでも3Dに見える仕組みを解説!

かつては、3Dといえば「メガネ」という言葉がセットになるほど、3Dで立体視するためには片方のレンズが赤、もう片方が青色のアナグリフ方式3Dメガネが常識でした。 しかし、最新の...

プロペラサイネージの仕組みと活用方法

  • 看板・装飾全般
  • 電飾スタンド看板

プロペラサイネージの仕組みと活用方法

空中に浮いているように見える立体映像・CGは、デジタルサイネージの中でも効果の高い表現方法です。 プロペラサイネージ(プロペラディスプレイ)は、設置などが簡単なのに演出力が高く、...

3Dホログラムを使ったディスプレイの活用方法

  • 看板・装飾全般
  • 電飾スタンド看板

3Dホログラムを使ったディスプレイの活用方法

新しい広告・看板のあり方として、デジタル技術を使ったデジタルサイネージや3Dディスプレイなどが注目され始めていますが、空中に立体映像を映し出す3Dホログラムも話題になっています。 ...

進化する3Dディスプレイ(3D看板)の効果と未来

  • 看板・装飾全般
  • 電飾スタンド看板

進化する3Dディスプレイ(3D看板)の効果と未来

看板・サインはこれまで、文字を立体的にしたり、電飾でアピールしたりして、人の目を引くための様々な工夫を凝らしてきました。 そして現在、新たな潮流として注目されているのが、デジタル...

提灯の数え方 歴史やもともとの用途とは

  • 電飾スタンド看板

提灯の数え方 歴史やもともとの用途とは

お祭りや和風の飲食店などで見かける提灯は、一体どのように数えるのが正解なのでしょうか。 また、元々どのような用途と歴史があったのでしょうか。 提灯の単位は「張」「丁」など 提...

提灯の電球は雨に濡れても大丈夫?

  • 電飾スタンド看板

提灯の電球は雨に濡れても大丈夫?

現代の提灯にはロウソクではなく電球が使われています。 電球の種類による違いや、雨に濡れても大丈夫なのかどうかなどについて調べました。 提灯に使われている電球は主に3種類 ロウ...

化粧ビスの種類にはどのようなものがある?

  • カウンターサイン卓上スタンド

化粧ビスの種類にはどのようなものがある?

看板に使われる金具の中でも、小さいけれども意外とその造形などに種類があり、こだわれば色々なアイテムを選べるのが化粧ビスです。 素材や大きさ、色、形など、バラエティ豊かに揃っている...

1 / 1912345...10...最後 »