居酒屋の集客方法をお悩みの方へ!POPの書き方をご紹介します!

「居酒屋の集客がなかなか思うようにできない」

POPを使って集客したいけど、どうすれば効果的なのか」

このようなお悩みをよく耳にします。

飲食店をはじめ、頻繁に見かけるPOPですが、実際に書くとなると、どのように書けば一番お客さんの心に刺さり、注文してもらいやすくなるのかを考えるのはなかなか難しいですよね。

そこで今回は、効果的なPOPの書き方やデザイン、そしてキャッチコピーをご紹介します。

□そもそもPOPの役割って?

POPは、メニューに興味をもってもらうために書くお客様に向けたメッセージです。

おすすめしたいメニューだけでなく、宴会プランやシーズンごとのイベント(忘年会など)を紹介するためのものになります。

□POPの効果的な書き方はなんだろう?

ここでは、店内に置くPOPとして考えてください。

まず文章は、店内に飾るものであれば、お客さんはある程度お店に興味を持ってくれているので、多少長い文章でも構いません。

客層に合わせた文章を書くことも重要で、お客さんに寄り添い、親近感を抱かせるようなものにしましょう。

内容は、メニュー名、価格、特長、写真またはイラストを書くことが一般的です。

また、お客様にとってのメニューの魅力や、お店が伝えたいメッセージを盛り込むことも効果的かもしれません。

□POPにふさわしいデザインや色使いはどんなもの?

デザインについては、色を多用しすぎず、使う色を絞りましょう。

カラフルすぎるとかえって見にくくなり、伝えたいことが分かりづらくなってしまいます。

そのため、一番伝えたいことを大きくはっきりと描き、コントラストをつけることが重要です。

当社では、ポスターのデザインや印刷、加工なども承っております。

また、POPに使う便利なアイテムとして、自由に角度を変えられるクリップやテーブルやレジの横に置ける卓上用のフレームもございます。

お客様の立場になって、視線の動き方を予想することは非常に重要ですので、これを意識してPOPを設置しましょう。

□キャッチコピーで工夫したいポイントとは?

ユーモアやお店の雰囲気、こだわりを表現するようにしましょう。

キャッチコピーでは、いかにお客さんの心を掴むかが重要です。

そのため「今だけ」という限定感を出すのも1つの手です。

例えば、「秋限定!」や、「1日50杯限定!こだわりのクラフトビール」というようなPOPを見ると、チャンスを逃せば食べられなくなる、飲めなくなるということを考えてしまいますよね。

こういった限定感を出すことで、リピーターを増やすことにもつながります。

お客さんの心に響くようなキャッチコピーとなるよう試行錯誤してみてください。

□まとめ

今回は、居酒屋でのPOPの書き方、デザイン、キャッチコピーについてご紹介しました。

POPをどのように書いたらいいのか、どのようなことに注意して書いたら効果的なのか、少しでもご理解いただけると幸いです。

当社では多数のPOPアイテムを取り扱っていますので、興味がある方はぜひ一度ご相談ください。

ポップアイテム