歯医者での集客方法でお困りの方必見!看板広告についてご紹介します!

現在、歯医者を経営している、またはこれから歯医者を開業しようと考えている方の多くが直面する問題があります。

それは集客方法です。

歯医者の経営においては、患者さんに何度もこの歯医者で診察してもらいたいと思ってもらうことが鍵になってきます。

他業種との集客と異なり、提供するサービスに差をつけにくいのが歯医者さんの特徴です。

そのため、集客方法で悩む方が多くいらっしゃいます。

そこで今回は、どのようにして歯医者で集客をしたら良いのかについてご紹介します。

看板を作成する上でのポイントとは?

歯医者に行くとなった場合、自分の住んでいる周辺から選ぶと思います。

そのため、その地域に密着した経営をする必要があります。

まずは、地域の人に存在を知ってもらうために、看板は一目で歯医者だと分かるデザインにしましょう。

当社では、様々な看板を取り扱っています。

スタンド看板だと、両面のもの、片面のもの、グリップタイプのものがあり、それぞれに異なるサイズや色のバリエーションもあります。

好みのもの、またご自身の経営する医院に合ったものを選んでいただけるかと思います。

この点について、何かご不明な点があれば、当社にご相談ください。

また、看板を専門にデザインされている業者さんに相談するのも良いかもしれません。

また、ここで注意したいのが、看板に記載できる内容が法律で制限されていることです。

掲載できる内容は、歯科医師であること、診療科名、電話番号、住所、医院の開設者の氏名、診療日と診療時間、予約診療の有無と予約の方法、設備、人員、専門医の認定を受けている事実、紹介できる病院およびその診療所の名称、情報提供に関すること、ホームページのURLです。

ルールを守って地域の人にアピールする看板を作成しましょう。

チラシを配る際の一工夫って?

地域に密着した経営の際には、集客手法として看板の他にチラシもよく使用されています。

チラシは、折り込みや街頭での配布によって人の目に触れることが多いです。

例えば、折り込みであれば、地方誌にチラシを挟んでおくと、その地域の人の目に触れやすくなります。

街頭で配布する場合は、駅の付近で配るか、ノベルティをつけて配る方法があります。

当社ではノベルティとして配れて、冷蔵庫に貼れるマグネットPOPを10個から作成が可能です。
シンプルに四角やキャラクターなどの異形でも、形は自由に作成ができます。
ノベルティ作成で悩んでいる方は、一度当社にご相談ください。

このような来院のきっかけを作り、満足してもらえたら、また通ってもらうチャンスも広がります。

まずは存在をより多くの人に知ってもらえるようにしていきましょう。

チラシの印刷に関しては、印刷会社様の他にも、当社でも承っております。

まとめ

今回は、歯医者を経営する方に向けて、看板での集客方法についてご紹介しました。

当社では、医療やクリニック向けにレジやトイレの案内標識、荷物置き場の誘導シールも取り扱っています。

関心を持っていただけましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

レジ誘導シール