不動産を経営する方へ!成功するPR方法について説明します!

現在不動産経営をしていて、集客方法やPR方法で悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

最近では、HPでの集客方法も増えていますよね。

しかし実は、看板による集客方法にも大きな効果が期待できます。

道を歩いているときにふと目につく看板を見かけ、気になってお店に入る人も多いと思います。

そこで今回は、店頭看板に着目してどのようにPRしていくべきかご紹介します。

看板の目的って?

看板の一番の目的は、認知してもらうことです。

通行人にお店の存在を知ってもらい、入ってみようと思わせる、または入りやすい雰囲気を作ることが目的です。

今回は、看板の効果として、場所、載せるべき情報について詳しく説明します。

*場所

看板を設置するにあたって、人の目に付きやすい場所に置くことも重要な要素です。

店に入ってもらえるように誘導することが目的なので、入り口付近に置くことが一般的です。

店舗が二階にある場合は、二階に続く階段の近くに看板を設置しましょう。

場所は、実際に自分がお客さんだと想定して、どの位置におけば見てもらえるのか、どこに配置したら分りやすいかという点を意識しながら設置することを心がけましょう。

*載せる情報

どんな取り扱い物件があるのかを示すようにしましょう。

何をしているところか、何を扱っているところかが分からなければ看板の意味がありませんし、お客さんも来てくれません。

そのため、お客さんが欲しい情報である所在地、規模、価格、条件、交通環境など、取り扱っている物件の基本情報を書きましょう。

また、その際に見やすく、読みやすいものにするために配色やデザインにも工夫しましょう。

魅力的なものであるほど、お客さんの目に映りやすくなります。

また、当社では、スタンド看板電飾スタンド看板を取り扱っています。

スタンド看板は、様々なサイズのものがあるため、店舗の敷地に合わせて設置が可能です。

電飾スタンド看板は、LEDライトが付いているため、目に止まりやすくなります。

また、デジタルサイネージを導入すれば、動画やスライドショーなどを流せるため、より多くの物件情報を提供できます。

これらは汎用性が高い商品となっているので、店舗の敷地や用途に合わせてお使いいただけます。

まとめ

今回は、不動産の経営をしている方に向けて、PRするためにどのような集客方法がいいのか、店頭看板を中心にご紹介しました。

伝えたいお店のイメージが確定したら、看板の制作会社に依頼してみましょう。

当社でも、さまざまな看板商品を扱っています。

店舗に合わせたサイズや形の看板が見つかるかと思います。

関心を持っていただけましたら、ぜひお気軽にご相談してください。

サインスタイル