お好み焼き屋やたこ焼き屋を運営している方へ!客単価をあげる集客方法をご紹介します!

客数が少ない、お昼の時間帯に思うように集客ができない、夕方からの売り上げが伸びない。

このような悩みを抱えているお好み焼き屋、たこ焼き屋の経営者さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

関西以外の人にとって、お好み焼きやたこ焼きは、小腹が空いた時に食べる料理であることがほとんどであるため、昼食、夕食時に集客が思うようにいかないことも頻繁にあります。

そこで今回は、よくある悩みと売上を上げるための客単価や集客につながる情報をご紹介します。

□そもそも客単価とは?

客単価は、お客さん一人あたりの購入した額のことです。

客単価が高ければ、客数が伸びなくてもその分をカバーできます。

そのため、売り上げを上げるには非常に効率的な方法であると言えます。

それでは、具体的に客単価を上げるための方法をご紹介します。

□どんな声のかけ方をすべきか?

お好み焼き屋とたこ焼き屋は、お客さんとの距離が他の飲食店と比べて近いです。

そのため、接客が客単価に最も影響するといっても過言ではないです。

そのため、お客さんのニーズに合わせて声かけを行うと効果的です。

例えば、15時頃に、「小腹が空いたらいかがですか」と声をかけることです。

お客さんに少しでも関心を持ってもらえるような声かけを心がけましょう。

さらに、客単価をあげるためには、注文の時に、人気商品やその店のオリジナル商品をお客さんに教えてあげましょう。

焼き上がるまで待つ時間に少しつまめる商品を考えて、おすすめするのも1つの手です。

接客は、愛嬌が大事です。

お客さんとの距離が近いので、サービス精神をもって、お客さんがまた来たいと思ってもらえるように工夫しましょう。

□他店舗との差別化を図りましょう

2つ目は、オリジナルメニューを作って周りのお店と差別化を図ることです。

ポスターやPOPを使って、詳しい説明、写真付きでお客さんに商品のアピールをしましょう。

また、当社では、サイズごとにポスターを自由に入れ替えができるポスターパネルをご用意しています。

店舗に合わせて、色やサイズを選んでいただけます。

具体的な商品のイメージがわかない場合は、商品によりますが、貸出サービスも行っています。

ぜひこれらを有効活用し、集客に役立ててみてください。

ご自身でPOPを手作りしたり、ポスターをデザインしてみてもいいかもしれません。

□まとめ

今回は、お好み焼き屋とたこ焼き屋を経営する人に向けて、どのような集客方法が良いのかをご紹介しました。

また、これからお好み焼き屋とたこ焼き屋を開きたいと思っている方や、集客に悩んでいる方の参考になっているのであれば幸いです。

当社にもお気軽にご相談ください。

サインスタイル