気のせい!?お店のPOPを変えたらお客様が増えた!?

こんにちは、某ショップ店長のKです。

突然ですが、「うちは品揃えが良いし安いのに全然売れない」
なんてお困りの方、いませんか?
残念ながら品揃えが良くて安いだけでは思ったような売上は期待できません。
それは商品がお客様の意識に届いていないからです。

「POPだって作ってるのに!」
そのPOP、残念なPOPになっていませんか?
残念なPOPから良いPOPに変えて、お客様の意識に商品を植え付けて、売上もお客様も増やしてみませんか?

POP広告とは「購買時点広告」のこと

「そもそもPOPって何なの?」というところからご説明します。
POP広告とは「Point Of Purchase advertising」の頭文字の略語で、「購買時点広告」と訳します。

文字通り、お客様が商品を購入する場所で示される広告のことを指します。
元々は店員の代わりに商品を説明するためのものでしたが、今は単なる案内ではなくなりました。
お店からお客様にメッセージを伝えて、商品の購入を後押しする役割を持っています。

お客様にとっても買い物時の目安となる重要な情報源となります。
でも、POPを出せば無条件に売上が伸びるということではありません。
世の中には良いPOPもあれば、残念なPOPもあるのです。

良いPOPは「お客様が安心できる」

では、良いPOPって一体どのようなものなのでしょうか。
私は、一言で表すなら「お客様が安心できる」のが良いPOPだと思います。
POPに書かれた情報が信頼できて、お客様にとって役に立つものは、きっと安心して商品に手を伸ばすことができるのではないでしょうか。

反対に「お客様が不安になる」のは残念なPOPということになります。
要するに情報が信頼できないとか、役に立たないとか、そういう商品はあまり買いたいとは思えませんよね。

以下で、もっと具体的に見ていきましょう!

押し付けではない広告

ところで、いろいろなお店に行くと気付かれると思いますが、商品をおすすめするPOPって手書きのものが多いですよね。
PCを使えばキレイなPOPが作れるのに、どうして手書きなのでしょうか?

実は、お客様は手作りのものに対して、個人的な感情が入っていると受け止めてくれやすいからなのです。
手作りのお弁当とか、手延べそうめんとか、手打ちそばとか、人が作っている感じがして美味しそうに感じませんか?
食べ物以外でも、手編みとか手作業とか丁寧な感じがします。
そのため、手書きのPOPは「店員個人が紹介している」と感じてくれやすいのです。

逆に、手作りではないPOPだとメーカーやお店からの押し付けに感じて、情報をきちんと受け取ってもらえない可能性があります。
情報が信用できないPOPって、まさに残念なPOPのことですね。

情報が判りやすいPOP

しかし、手書きなら何でもいいというわけではありません。
例えばキャベツが安いとして「〇〇円」と手書きで書くとします。
元々キャベツを買おうと思っていた人にはそれだけで効果があったとしても、それ以外の人はそんなに興味を示しません。

もしPOPに「冬キャベツはロールキャベツにオススメ」と書いてあれば、晩御飯を何にするか迷ってる主婦が注目してくれる可能性があります。
ただ単に「スゴイ!」とか「イイ!」とか「ヤスイ!」のではなく、どんな風に良いのかを伝えるのが大事なのです。

でも、あれこれと良さを伝えようとして、小さい文字で細かい情報がビッシリ書かれたPOPは残念なPOPとなってしまいます。
先ほどのキャベツの例で言えば、POPに細かいレシピまでを書いちゃう感じですね。

もちろん、簡単なレシピなら効果的だと思いますが、私ならレシピは自由に持っていけるように、詳しく書かれたものをPOPとは別にプリントして置いておきます。

話がちょっとズレましたが、多すぎず少なすぎず、シンプルで適切な情報をバシっと伝えるのが判りやすくて良いPOPです。

購入して欲しいお客様を「見る」

POPは来店するお客様を見誤ると、人によっては全く響かない情報になります。
例えば、学生に売りたい商品なのに「血圧が高めの人にオススメ」という情報を提供しても、スルーされてしまう可能性は大です。

お客様に響くPOPを作るには、売りたいお客様をひたすら見てください。
男性と女性のどちらですか?
年齢層は?
学生ですか?
主婦?
それともサラリーマン?
誰に向かって情報を発信しているのかを明確にすることが、良いPOPを作る第一歩です。
お客様を見定めれば、自ずと心を掴むPOPを作ることができることでしょう。

気のせい!?お店のPOPを変えたらお客様が増えた!?

体験談は効果的

「有益な情報をPOPに書いてるのに、なかなか売上につながらない…」
こういった場合は、もしかすると説得力が足りないのかもしれないですね。
その商品のおすすめの理由を書くときに、根拠になる情報を入れ込んでみてはいかがでしょうか。

例えば、POPを書く人がその商品を使ったことによる体験談や感想はどうですか。
POPを見たお客様が親近感を覚えたり、具体的な利用イメージが浮かんだりするかもしれませんね。
本屋では「実家の両親に会いたくなった」とか「年に100冊ミステリーを読む私が騙された」とPOPで紹介されていたら、ちょっと気になって読みたくなります。
他にも、商品が出来るまでの苦労や裏話、こだわりや想いを伝えるのも、メーカーや生産者に対する共感につながり、購買を促進できそうですね。

一口に有益な情報といっても、共感や関心、興味を持ってもらえるように、訴求する内容をいろいろな角度から考えてみてください。
きっと、うまくいくはずです。

欲張り過ぎはいけない

POPは有益な情報を伝える他にも、雰囲気を作り出す役割があります。
そのため、欲張ってありとあらゆる商品に貼り付けると、POPだらけになって雰囲気が良くありません。
何よりPOPが沢山あると、1つのPOPの印象が薄れて目立たなくなるので、肝心な情報がお客様に伝わらなくなります。

POPで紹介する商品は厳選しましょう!
商品を厳選するコツとしては、注目商品のコーナーを集中したり、季節によっておすすめ商品を変更すると良いと思います。

お客様のためにこそPOPを作っている

POPを作るときは、お客様に有益な情報を提供して、安心して買っていただくことを突き詰めて考えます。
最終的に期待する効果としては、お店の売上をアップさせるためですが、結局お客様のためを思ってPOPを作らなければ、その効果も得られないのです。
「買わなきゃよかった」
「広告に騙された」
こんなことを思ったお客様は、おそらく今後そのお店のPOPは無視するか、競合店に流れてしまうでしょう。

トライ&エラーを繰り返す。

それでも正直な話、いきなり効果的なPOPが作れるようなら誰も苦労はしません。
思ったよりも効果が出なかったり、逆に意図せず思った以上の効果が出たりするものです。
でも私はそれで良いのだと思います。
必要であれば何度でも書きなおせば良いのです。

キャッチコピーや情報を変えるだけではなく、色使いを変えてみたり、POPの形を変えてみたり、掲示する位置を変えてみたり、改善する要素はいくらでもあります。
何度も失敗を繰り返し、試行錯誤することで、スキルは磨かれていきます。
ぜひみなさまも、トライ&エラーでPOP作りに励んでください。

いろいろと書かせてもらいましたが、いかがでしたでしょうか。
事実は別として、私は基本的に「何もしなくても売れる商品なんてない」と考えてることにしています。
それは「どんな商品でも売る方法はある」「商品が売れるのには理由がある」ということと同じなのです。
商品の良さを適切なお客様にしっかりと知ってもらえれば、きっと商品は売れます。
そんな売れる理由を引き出す1つの要素として、小さなPOPに注目してみてはいかがでしょうか。

サインスタイル